2021年1月10日日曜日

0110:渋谷カルカルで「スリバチナイト11」登壇の日

渋谷のカルチャーカルチャーで「スリバチナイト11」。

久しぶりにカルカルへ行く。そういえば渋谷に移転してから登壇するの初めてだわ。

以前訪れた時は宮下公園工事中だったので、いきなりカルカルの向いがこんなことになってて驚く。

ここ、カルカルの楽屋からめちゃ良く見えるのでつい撮ってしまう。こんな巨大建造物になってたのですな。あの宮下公園が。

登壇者の特権画像ですよ。



さて、緊急事態宣言を受けて、カルカルは「飲食の提供はなし」。さらに人数も絞ったので、来場者は普段の半分以下(40人くらい?)ということで、その代わりにオンラインの有料配信が行われたのだった。

開演30分前くらいの様子。座席が全部前を向き、来場者同士が向かい合わないように設置してある。スタッフの皆様お疲れ様です。


新年のスリバチナイトは恒例になってるのだけど、今年は昨秋に発売された「東京23区凸凹地図」のスタッフが集まって、この地図の宣伝を兼ねて見方はポイントを披露するという内容。

皆川さんに、地図のプロデュースをしてくださった元昭文社の宮本さん、階段と坂道担当の松本さん、古道と路傍石造物担当のわたし、そして暗渠・水路担当の本田さんが並んでそれぞれのジャンルの発表である。

そして、予定通り、19時40分頃に終了。素晴らしい。

緊急事態宣言の中、来場してくださった方、オンラインで楽しんでくださった方、カルカルスタッフの皆様、ありがとうございました。

もちろん懇親会もなく、20時前には全員撤収という素早さである。まあ外で軽く食べよう、にも20時で店は閉まるしね。

わたしは階段の松本さんと一緒に、ミヤシタパークを見たいねってことで散策しながら駅へ向かう。いやあ思ったよりデカかった。


階段とエスカレーターで上へ。JRを見下ろす。



屋上はなんとも人工的な屋上庭園っぽい感じで、フットサルコートなどがある。


面白いのが、宮下公園と渋谷駅の間にあった「のんべい横丁」がそのまま残っていること。
わざとここを残したのか、土地や建物の権利関係で手をつけられなかったのか、どっちだろう。


面白いですな。
20時過ぎなので当然ながら店は開いてない。

スクランブル交差点を渡り(ここは、20時すぎて帰宅する人々で帰宅ラッシュの様相でありました)、
井の頭線経由で帰宅。



大勢の人の前で喋るのって面白いけどテンション上げるので疲れますな。
というわけで帰宅して飯を食ってバタン。

2021年1月9日土曜日

0109:新潮講座「東京古道散歩」の日

いっぱい寝たので体調回復。

発熱もなく、平和に新潮講座「東京古道散歩」へ出発。

キャンセルも発生したようだが、それでも10名くらい集まってくれてありがたや。

飛田給から品川道を歩いて大國魂神社を抜け、府中本町駅前の「国司館と家康御殿跡史跡広場」へ。

Webサイトに「コロナウイルス感染症感染予防のため、当面の間平日のみの開館となりますとあったのでちょいと心配したが、広場自体はちゃんと開いていて助かった。

途中、セブンイレブン清水ヶ丘店で休憩中、今まで何度も通っているのに(下見の時ですら)気づかなかった庚申塔を発見する。

実に面白い形である。椅子というか便器というか(をい)。

側面に「なんとか船ば道」とあるが良く読めない。

帰宅して

手元にあった「府中市の石造遺物」(府中市郷土資料集)にあたってみると、該当する庚申塔のデータを発見。これだ。

ここから南へ行くと小田分村を経由して是政へ。西へ行くと府中。押立船場は押立村に渡しがあったので、そちらだろう。

気が済んだので、

明日のプレゼン資料作りに取り掛かる。持ち時間30分なのでポイントを絞って一通り作成。

あとは起きてから仕上げる。