2018年6月19日火曜日

日本がコロンビアに勝利!

X-T2を持って六本木の富士フイルムへ。

しばらく前からX-T2がご乱心してて
たぶんAFスティックの接触が悪いとかその辺だと思うけど、
AFスティックが常に右に入った状態になっちゃって
AF枠が右に動き続けるのだ。これはヤバい。
AFスティックの機能をオフにできるので、
それで土曜日の撮影はなんとか対応したけど、
とりあえず、今月はX-T2がないと困るような仕事はないだろうから
修理に出すことにしたのである。

サービスステーションは六本木と丸の内(こっちは最近オープンした)にあるのだが
六本木の方が行きやすいのでそちらへ。


再現したりしなかったりで、
富士フイルムサービスステーションへ持っていったときは
再現せず、あらかじめ撮っておいた動画で説明したんだけど
カメラをあずけたあと、富士フイルムの人がチェックしたら再現したそうで
無事入院。
修理は工場で行われるのでこのまま送られちゃうのである。

とりあえずX-T2は気に入っているので多少金がかかっても修理せねばですな。
どうしてもXが必要な時は、妻のX-E3でも借りればよいかという感じで。


富士フイルムのショウルームにX-T100が展示されていたので触らせてもらう。
この背面モニタ、おもしれー。
チルト式モニタでなおかつ自撮りにも対応させたいってことでこのヒンジになったんだろうけど、
意地でも「普通のバリアングル式」にはしないぞってところがたまらん。
バリアングル嫌いのわたしにはたまらん仕様だわ。


ケータイ末期にはアクロバティックなヒンジを搭載してモニタがあらゆる角度に回転するような面白い端末がいくつもあったけど、それを思い出す。

さて、
いくらか晴れたってんで作例撮影用のスマホやら何やらを持って行ったので
ちょっと乃木坂あたりを散歩。

六本木ミッドタウンの芝生の上でブツ撮りしようかと思ったら
芝生養生中で入れず。テンションが落ちる。

○日本vsコロンビア

ハリルホジッチ解任のゴタゴタぐだぐだでテンションが上がらずに迎えたワールドカップであるが、いやあおそろしい。
コロンビア相手に勝つには「これしかない」という奇跡が起きたのである。
・11人vs11人ではまず勝てない
・ハメス・ロドリゲスとファルカオが揃ってたらまず勝てない
のでなんとか引き分けてくれれば、ってな感じだったのだが、

すごいわ大迫。

・コロンビアは試合の入りがのんびりしてる
  →でも日本も同じ

なのだが、ボールをもらった大迫がいきなりエンジン全開でターンして相手GKに向かっていったのである。
大迫すごい。そのシュートは入らなかったけど、つめてた香川がきれいなボレー。

ここで奇跡が起きる。
相手の手に当たったのである。
単なるハンドならイエローカード+PKで済むわけで
コロンビアの攻撃力と日本の守備力を考えたら、
コロンビアは慌てなくていい。

でも、シュートしたボールがゴールに向かってるとこをハンドで止めたら……
一発退場である。

・11人vs11人ではまず勝てない
のだが、
・11人vs10人&ハメス・ロドリゲスが本調子でないなら勝てるかも
なのだ。

それでもコロンビアの攻撃は怖ろしいのだが、
10人に減った上にエンジンがまだかかってなかったことで、無理な攻撃をしてこなかった。
徐々にコロンビアがエンジンをかけていって
FKで同点にされたのだが、
(長谷部がファールを取られたのはなんとも納得できないのだが、
 先に落下地点にいたのはファルカオで、そこに長谷部があとからいって両者倒れたので、心証的には長谷部のファールになってもしょうがないかなという気はする)
ここで逆転されないのがでかかった。
日本代表ってこうなったとき弱いのだが、
なんとか1-1で前半を追えたことで
ハーフタイムに落ち着くことができたのだ。

あとは1-1で終わっても御の字なのだが、
香川を下げて本田を入れたのが効く。
香川、途中から目立たなくなってたから。

そして本田のCKで大迫がゴール。
練習していた通りだそうで、やっぱいろんなシチュエーションを想定した練習って大事だわ。

コロンビアは負けているのだが、10人で戦ってて体力を消耗したのか
それほど前には出てこず、
10人で点を取るにはFKやCKをうまく使いたいのだが
そういうシーンにもなかなかならず。
今回のワールドカップで目立っていた「システマチックで固い守備」の構築が日本もできていて、
無事逃げ切ったのであった。

ワールドカップおそろしー。
これ、FIFAランキング的にはめちゃジャイアントキリングですよ。

とりあえず今までの日本代表のパターンからいくと
・初戦で負ける→その負けをひきずったずるずると未勝利でさようなら
・初戦で勝つ→気持ちよく次戦に望んでグループリーグ突破
なので、イケるかもしれない。

ただセネガルもポーランド(実はグループHの中で一番FIFAランキングが上の国)に
勝っちゃったしなあ。
セネガルも守備が組織的で固くて奪ってからの攻撃が速いという
モダンなチームでなおかつ、身体能力高い上に
初戦に勝って自信もってやってくるので
とにかく中盤の守備と先制点次第ですな。
日本の守備は相変わらずときどきフリーにしちゃいけない相手をフリーにしたりしてたのと、川島があんななので不安ではあるが。

GKは中村にして、香川の代わりに本田をいれ、右サイドはスピードがある武藤
がいいと思うのだがさてどうなるか。

個人的には決勝トーナメントへ行けたとしても
ワールドカップが終わったら、監督とJFA会長は交代して欲しいけどね。
それはそれ、これはこれ。

夜は土曜日に撮影した写真を整理して
使えそうなものを200枚ほどピックアップして
クライアントへ送る。











2018年6月18日月曜日

ロシア時間で生活してます

今日のワールドカップ。

スウェーデンvs韓国。
いやあ、ワールドカップのグループリーグらしい試合を久しぶりにみたー
あのグダグダした感じ。
スウェーデンなんか1点取ったらもう
「2点目を取りに行くのは禁止」といわれてるようなのらりくらりモードにはいって
その守備網を韓国もうまく崩せず、
消化不良だったろうなあ、韓国。

チュニジアvsイングランド。
これびっくり。
最近、海外のサッカー観てなかったから、イングランドがこうなってるなんて知らなかったわー。
みんな若くて、速くて、サッカーもダイナミックで動きを止めなくて、
でこんなイングランドはじめてみたわー。フィニッシュが甘くてなかなか点がとれないとこなんか、若さが出たようだけど、
なんとか勝ちました。
今回のイングランドはもうちょっと見たい。


ITMediaにP20 Proのレビューを書いてメール。
3眼の役割別の解説とか
そんな内容をメインに。

さらに、トリセツにX-H1のレビューを書いてメール。