2019年10月12日土曜日

台風19号の日

台風の日。
雨はずっと降り続くも、夕刻から気圧が下がり強い風の音がしはじめる。

今回、中心気圧が低く大型で、風が強いと聞いていたので
風と停電対策を中心に準備をしていたら、
なんと、実は超強力な雨台風で、
予想より少し西側を通ったので、箱根→丹沢→奥多摩→秩父という山間部に大雨を降らし、NHKを見ていたのだけど、つまるところ我々がWebで見てるのと同じライブカメラを見ながらの中継なので、今どこで何が起きているかさっぱりわからず、
急に風が収まったので一段落かなと思ったら
上流に降った雨が流れてきて多摩川は越水。
堤防が決壊したわけじゃなくて
堤防がないところから水が溢れて川沿いの低地を沈めたもよう。

二子玉川あたりの多摩川べりは昔からいろいろありますからねえ。

とりあえず、風が弱まり、雨もあがったので
近所をちょっと散歩して猫と挨拶して寝たのであった。


ああ、今日は外に出られないから仕事しようと思っていたのに
やはりダメですな。集中できない。
ニュースばっかみちゃう。

で、ニュース見てて思った。
「多摩川が増水」といわれて、多摩川って長いのだ。
多摩川のどこ?
川崎市幸区で……といっても、幸区のどこ?
水って、弱いところを直撃するので、
最弱部がちょっとやられたのか、
そうじゃないところが決壊したのかでは事情が全然違う。

とりあえずNHKクラスは該当地区の地理や地勢に詳しい人を
スタジオに呼んでおくべきだと思うのです。
そうすれば、この辺はこういう地形でこういう理由で水が出やすいとか
多摩川の水がいっぱいになったので
多摩川に水を流していた中小河川や用水路は多摩川に排水できなくなり、
この辺であふれるのです、とか
いってもらえたろうに。

災害に詳しいって人が解説してたけど、
だったら、ダムの放流についてもっとわかりやすく伝えないとだめでしょう。
あらかじめ、放水して量を減らしてたけど、
急激に上流から水が流れ込んでいっぱいになりそうで
放置してダムが決壊したら下流に大きな被害をもたらすので
そうならないよう、新しく入ってきた分をながして
下流へ被害がでないよう、なおかつダムが決壊しないよう
ギリギリの運転をしてます、みたいなこといえよ、とは思う。

とりあえずNHKクラスならでかい地図を用意して、
そこにポイントを示して欲しい。

なんかTBSには地理好きのアナウンサーがいて
手書きの分かりやすい地図を描いて説明していたとか。
それだよそれ。今度からTBSを見ることにする。

Twitter見てると短絡的な感想が多すぎてつらい。
中には河川敷の水没を決壊したと言ってる人もいて。

幸い、街歩き仲間に
国交省河川事務所の人とかダムマニアとか地形の専門家とかいるおかげで
そういうのに振り回されなくて済んでいるのだが、
本来、マスコミがその辺の正しい知識や情報をこういうときに伝えるべきなんじゃないかと思うですよ。


2019年10月11日金曜日

台風前夜

ascii.jpに猫連載を書いてメール。

昼頃、近所のホームセンターへ行ったら
養生テープとブルーシートが売り切れてた。
まあそうだよな。

とりあえずベランダは完全に片付けておく。
家中のモバイルバッテリーをかき集めて(合計6万mAhくらい)充電し
家中のLEDライトもの(自転車用ライトとか撮影用ライトとか)を集めて
停電対策はしておく。

夜、
トリセツにiPhoneのトリセツ連載を書いてメール。


2019年10月10日木曜日

台風に備えて買い物ついでに金太郎

台風に備えた買い物でもするか、ってんで自転車で出動。
ついでに近所を走り回って
猫連載用の作例を撮ったりする。

住宅街の路地の奥に怪しげな古い稲荷があり、
あそこどうなったかなと立ち寄ってみると、何もない。
ただ新しい住宅があるだけ。場所間違えたかなと猫の金太郎に聞いてみると、
2年くらい前、更地になって家が建てられたんだよという。
稲荷は他の神社に合祀されたそうな。
金太郎
いや教えてくれたのは金太郎の飼い主なんだけど←当たり前です

今回の台風19号はヤバそうなので
いつもよりちゃんと対応しなきゃ……と思いつつ
さてどこまでやるべきなのか
調べてもよくわからんのであった。
ただ、デカいってことだけはわかる。


2019年10月9日水曜日

世田谷区役所でシータ

昼間、ちょいと用があって世田谷区役所へ。
いや出張所でもよいのだけど、
世田谷区役所の建て替え計画が進んでるようなので
今のうちに見ておきたいというのもあり。

世田谷区役所の中庭でシータ。 区役所(棟がある建物)と区民会館は1959年竣工。 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

そしたら大事な書類を忘れてることが発覚。
ゆっくり撮ってる暇なかったー。またリベンジにこよう。

トリセツにRX100M7のレビューを書いてメール。
やっと書けた。


2019年10月8日火曜日

小田急OPカードのまなたびは11月8日です

11月8日に小田急の「まなたび」で行う
旧津久井道散歩の下見。
源義経ネタをからめたり高石神社へ上ったりして
バリエーションを付けつつ歩く予定。
読売ランド前駅はホームからすぐ改札ってのがよいよねえ。改札前の道が古道。

山頂の高石神社。奥に木がないのでめちゃ山頂感ある。
随所に野仏

地神塔から古道を見下ろす。地神塔って23区では見ないよねえ。

九郎明神社は相変わらずだった

六地蔵と庚申塔と崖。
終了後、ちょいとP30 Proの追加作例を撮りたかったのでまた新百合ヶ丘駅まで歩く。
疲れた。

興味ある方はこちらから。ランチ付です。
クリックすると該当ページへ飛びます。

帰宅してP30 Proのカメラレビューを仕上げてメール。


2019年10月7日月曜日

ITMediaに記事を書く

ITMediaにiPhone 11 Proの記事を書き上げてメール。

主に
スマートHDRとかシャッタータイムラグとかナイトモードとか
その辺の話を中心に。

iPhone 11 Proのシャッタータイムラグの話って
たぶん、まだ誰も書いてないんじゃないかと思う。

これでiPhone 11 Proネタの依頼も一段落だな。

そうそう、今回のiPhone 11 Pro、めちゃ気に入ってます。
デザインも、iPhone X系より今の方が好き。

2019年10月6日日曜日

iPhone 11 Proと格闘する日

ITMediaにiPhone 11 Proのカメラ機能の記事を書く。
今までかいてたのは、ITMedia Mobileから依頼されたいつものヤツ。
今回のはデジカメレビューの担当者から
デジカメ的視点で書いて欲しいと頼まれたもの。

デジタル+電子シャッターならではの
iPhoneだからできる様々な技の話をする。

いろいろと検証するため、iPadのストップウォッチの写真を撮りまくる。
なるほど、そういうことをしてたのかー、って感じ。

で、疲れたので下書きだけ書いて寝る。


2019年10月5日土曜日

東京古道散歩の日

秋の東京古道散歩の日

待ち合わせは田園調布駅。

田園調布から、宝来山古墳→多摩川台古墳群と回り、
古墳展示室で休憩。

多摩川浅間神社古墳でかすかな富士山を堪能し、

扇塚跡の碑をチェック。
丸子の渡し跡に出て
旧中原街道を桜坂で上り、鵜木大塚古墳経由で雪が谷大塚駅。

駅近くのバーミヤンで軽く打ち上げをして解散。

帰宅して日本vsサモア戦の後半を観る。
まあ、ラグビーもサッカーもルーツは同じで
ボールを使った陣地取り系ゲームなので
基本がわかってしまえばすごく面白い。

わたしが通ってた高校はなぜか(当時は)ラグビー好きで
体育の授業でもラグビーを何時間もかけてやったのだけど
覚えてるのは、スクラムとラックとモールとノックオンくらいだった。
まあそんなもんか。


2019年10月4日金曜日

全天球パノラマを撮る日

晴れた! すばらしい。
ってんで、
三脚はマンフロットのBe Free。
パノラマ回転雲台はnovoflexのパノラマプレート
(の初代モデル。けっこう高かった。現行モデルはもっと高い……。とっといてよかったわ)

雲台は3wayのベルボンの古くて安いヤツ(回転軸とカメラ装着部の位置関係がちょうどよいので)、
その上にマクロスライダー(カメラの前後位置を調整することで、回転軸を合わせる)
を起き、
カメラはE-M1 IIでレンズはレビュー用のLeowa 4mm Fisheye。

自転車で移動しつつ、
何カ所かで撮影する。
起伏のある大自然の中や、こじゃれた洋館の中など、
パノラマ映えするスポットへ撮影にでかけられない場合、
住宅街でそれなりに映える場所はというと、
その辺はノウハウで、
高低差を感じられたり、遠近を感じられたるところを選び、
何カ所かで設定をあれこれ変えつつ撮る。

帰宅してそれぞれPTGuiにかけて(ちゃんとステッチできた。素晴らしい)
よさげなのを作例として使うことに決定。


方針と作例が決まればあとは早い。
なんとかレビューを書いてメールする。

せっかくなので、未使用カットをひとつVeeRにアップする。


いやあ、久しぶりに魚眼レンズ使ってパノラマ撮ったけど、
勘どころって覚えているもんだなあ。
なんとかなるもんだ。PTGuiも昔使ったときよりずっと賢くて使いやすくなってるし。



2019年10月3日木曜日

10年ぶりくらいに魚眼レンズで全天球パノラマですよ

続いて、アサヒカメラにLAOWAの4mm魚眼レンズのレビューを頼まれてるのである。
すでに何回か持ち歩いて撮ってるけど、
どうもそれだけだと弱い。

これはやはり、全天球パノラマ撮影をしなければなりますまい。
でも、昔使ってた全天球パノラマ撮影用雲台は……何年も前に処分してしまった。
ああ。
もうパノラマはTHETAで撮ればいいや、ってなっちゃったのだ。

でもそこは昔取った杵柄で、
手持ちの雲台やらパノラマ回転雲台やらを組み合わせてなんとかパノラマ撮影キットを組み上げ、
近所で試し撮り。


とりあえず、
もうちょっと調整すればいけそう
撮った画像をステッチするソフト「PTGui」のライセンスがとっくに切れてて最新バージョンを使えない。
ということがわかった。
つまり、追加投資は「PTGuiのアップデート料だけ」だ。

で、PTGuiをアップデートし、
雲台とスライダーを組み合わせてこれならいけそうっていう
撮影キットを組み、
本番は明日、ってことにして寝る。


2019年10月2日水曜日

iPhone 11 Proのナイトモードは楽しい

東京古道散歩用の配布資料をPagesで作り、
PDF化して新潮社の担当者へ送る。

近所のスーパーへ買い物に行くと、こんなお詫びが。

どうも、いわゆるキャッシュレス還元の対照店になるはずが、
手続きが間に合わなくてできなかったお詫びらしい。
小売店のみなさま、おつかれさまです。

あれ、理解して使ってる人いるんだろか。
みんな、どういう形で還元されるのかわかってるんだろーか。
いわゆるキャッシュレス還元に加えて、各社が独自のサービスも加えたりしてるからもう何が何だか得なんだか損なんだか。

夜、アサヒカメラのiPhone 11 Pro用レビューで使うナイトモード作例が足りない、
良いのが残ってない、ってことがわかり、ちょいと夜自転車散歩。



良い写真が撮れたのでよしとする(上のは未採用のカット)。

で、
アサヒカメラにiPhone 11 Proのレビューを書いてメールする。

いわゆる「夜モード」って、昨秋にhuaweiがはじめていらいトレンドになってるので
iPhoneのそれが目新しいわけでもなんでもないんだけど、
・huaweiほど時間はかからない←あれは平気で5秒とかいうし
・ナイトモードにいちいち切り替えなくていい←これ大事
・それほど派手なHDR感は出ない←これ大事
というわけで、なかなかよいのである。
(Android機のナイトモードについてはITMediaで5機種の比較記事書いた)。


iPhoneの場合、強い点光源があるとゴーストがかなり出るのでそれだけは欠点かなあ。







2019年10月1日火曜日

10月がはじまったので東京古道散歩の下見

そうだ、終末は「東京古道散歩」だ。下見して当日配布する資料作らなきゃ。

ってんでバスで田園調布へ行き、
あれこれチェックしつつ歩き回り、
古墳資料室であれこれ取材し、
前半は「東京古墳散歩」、後半は「東京古道散歩」的なユニークなコースができあがる。

いやあiPhone 11 Proの超広角カメラいいわー。
その場の様子を位置情報付でさっと記録できるもの。
というわけで、iPhone 11 Proで撮った写真を。
こんな感じのとこ歩きます。











記録ってスマホの大事な仕事のひとつなんだよな。


2019年9月30日月曜日

9月が終わった

さらに、ITMediaにiOS13の写真アプリについて書いてメール。
今回のはもう新機能がいっぱいついて
編集機能も強化されて、
でも、昨日今日何曜日、じゃなくて直近の1週間も日付表示したい
と思うのはわたしだけではあるまい。

ああ、明日から消費税がややこしくなるのか。

かふかの隣にAR猫

ITMediaにα7RM4のレビューを書いてメール。
買うならこれだよなあ。高いけど。

映像関係の高度な機能はいらないので、もうちょっと安くならないかなあ。

さらに
ITMediaにiPhone 11のレビューを書いてメール。

iPhoneのSafariからGoogleで猫を検索すると(パンダでも犬でも可)
AR猫が出現すると聞いてやってみたら出現した。
世の中面白いことになってますな。
ちなみに、左にいるのがAR猫。右がうちのかふか。



2019年9月29日日曜日

新宿でヨドバシとかまわる

終日原稿書きの日曜日。
日経ビジネスの原稿をなんとか書き上げて送る。

妻が消費税が上がる前にiMacを買いたい、実物を見たい、というのでその他もろもろをチェックしに新宿へ。

スバルビル跡地に臨時でラグビーワールドカップショップができてた。


今、iMacを買いたいという理由は、うかうかしてるとプリインストールOSがCatalinaになっちゃうから。
そうなると動かないアプリが出てくるわけで、
仕事上、最新OSになる前のものが欲しいからだという。

わたしもiMacを買おうと思っているのだけど、
Catalinaプリインストール待ち。
今使ってるiMacはMojaveで止める予定。
まだ、データを移行してない32ビットアプリが残ってるのともう古くて瀕死なのでこれをアップデートするのはやめようというわけである。


2019年9月28日土曜日

多摩武蔵野スリバチ学会5周年

昼間、多摩武蔵野スリバチ学会の5周年記念イベント。

仙川の貸しスペースに集合し、仙川の国分寺崖線下あたりをフィールドワーク。
暗渠や谷地を楽しむ。


今回の収穫は2つ。
ひとつは旧滝坂沿いにある観音さま。
「山崎なんとか」って名前があり、「山崎さんってこの辺の方なんでしょうか」
「はい。わたしです」「えっ」
フィールドワークに参加されてた山崎先生(ブルーバックスの「日本列島100万年史」を書かれた方)の先祖だったのでした。元はこの場所じゃなかったと思います。どういう理由で建てたのかはよくわかりません。
とのこと。


さらに、坂上にある馬宿川口屋(江戸時代、滝坂があまりに急だったので坂上に馬宿があった)の前でうだうだしてたら、たまたま川口屋の方が出てきて、中の建物を見せてくれたり話をしてくださった。すばらしい。
(今は残ってない)旧道の道筋についても教えてもらったし。
瀧坂道がまっすぐ川口屋につながっていたとか。
オリンピックのために国道20号が拡幅され、家の前をアベベ選手が走ったのを見ていたとか。
ありがたや。知りたかったことがわかった日でした。


夕方に戻ってきて、
記念講演2つ。千葉先生のつつじヶ丘に雹が降ったときの研究と、本田創さんの深大寺用水や仙川の水をめぐる歴史の話。


どちらもめちゃ面白い。

このあと2次会だったが、
仕事がたまっていたので欠席して自転車で帰宅。

日経ビジネスの原稿に取りかかるも完成せずダウン。

2019年9月27日金曜日

渋谷で調査と撮影と作例撮りの日

iPhone 11 ProとE-M1 IIとTHETA Z1を持って渋谷へ。
日経ビジネスではじまった東京再開発関連連載の
第4回で、渋谷歴史散歩の話を書くので
その下見と記事で使う写真撮影のため。
いやあ、動線がいろいろとできつつありますな。
とりあえず、地上に降りることなく渋谷川方面へ行けるようになったし。

iPhone 11 Proの超広角カメラがどのくらい使えるかテストも兼ねて
いっぱい撮影。
予想以上に使えそう。
こういうフィールドワークの時、超広角が欲しいのですよ。記録用に。
今まではX-T2に10-24mmをつけてたけど、これからはクオリティを求められる時以外はiPhoneで済みそう。



並木橋





2019年9月26日木曜日

iPhone 11 がらみ仕事まだ続きます

近所でiPhone 11の作例撮りなど。
トリセツにiPhone 11 Proの話、後編を書いてメール。
さらに、ascii.jpに猫連載を書いてメール。
今回もiPhone 11 Proで猫を撮った話。

2019年9月25日水曜日

iPad OSが来た

アーバンライフメトロに高輪と古代東海道のコラムを書いてメール。
iPad OSが来たのでさっそくインストールする。
ジェスチャが増えてておぼえられんー。

2019年9月24日火曜日

ジェットダイスケモデルの新世代フォトウォーク用カメラバッグ登場の日

夜、中野へ。中野といえばサンプラザってことで
iPhone 11 Proのナイトモードで撮って標準アプリでコッテコテにレタッチ。
いやあ標準アプリだけでこれ作れるようになったのだからおそろしや。


さて、中野へ行ったのはケンコートキナーでジェットダイスケの「例のカメラバッグ」発表会が開催されるから。


フォトウォーク用のシンプルでミニマムなバッグで、
狭い路地でも気にせず入り込めるフォトウォーク専用で
一眼レフでは泣くミラーレス一眼を入れろ、という潔い製品。
カメラバッグって、どうしても必要な機材が全部入る方向に逝っちゃいがちだけど
それに反旗を翻すようなミニマムさがたまらないのである。
その場で持っていたE-M1 IIとiPhone 11を突っ込んでみる。


こんな感じ。カメラスリングつけてるのでちょいとわかりづらいけど、これでちょうどいい。まあ写真散歩に望遠レンズ持っていく人もあまりいないだろうから。

両サイドのバッグは片方がペットボトル対応。

オチはジェットダイスケ似顔絵付のクリーニングクロス同梱←オチいうな。



ミラーレス一眼に標準ズーム+単焦点の交換レンズ
隙間にモバイルバッテリーとかスマホとか入れたらちょうどよくて
それ以上いれたら重いという。

で、ジェットダイスケ氏をモデルにフォトセッションタイム。
面白いのでiPhone 11 Proの超広角で。


こんな感じである。


左肩右肩どっちでも使えるようストラップがはずせるのもよい。

帰宅して妻に使って貰ったら、ストラップが長すぎるといわれた。
売れたら、小柄な人向けの短いストラップを別売りで出して欲しいかも。

個人的に、ミニマムな構成でさっと撮影に行かねばならないこと多いので重宝しそう。
さらに、旅行などにでかけるとき。
帰省するときや、びゅうたびで撮影に行くときは、
「かわるPCリュック」にカメラをひととおり入れた「ひらくPCバッグnano」をぶちこんで、余ったスペースに着替えなどをツッコミ、
現地では「ひらくPCバッグnano」だけをカメラバッグとして取りだして
撮影して回るってなことをしてるわけで
そういうときのカメラだけをさっと持っていくためのバッグとして
使えそうな案配である。

せっかくなのでいろいろと使わせて戴きます。
とりあえず、シンプルで使いやすそう。
ミラーレス時代のシンプルなボディバッグってのはアリですな。

気になった方はこちらから。




2019年9月23日月曜日

谷中でiPhone 11 Pro

妻が谷中の「旅するミシン店」に遊びに行くというので
あれこれ作例とか撮りつつついていく。

夜、ITMediaのiPhone 11 Proのカメラ記事にとりかかるが
iPhone 11 Proの新機能をあれこれ試してたら朝になり、
なんとか書き上げて送って死ぬ。

いやあ、iPhone 11 Proは面白すぎるわ。
買って正解だわ。


2019年9月22日日曜日

iPhone 11 Proを抱えてポートレート作例撮りの日

池袋でいつもの女子学生さんを引っ張り出して
iPhone 11 Proなどスマホ4台とα7RM4のポートレート作例撮り。

忙しくバタバタと撮る。撮りモレが心配。

午後はちょいと池袋を散歩して
子育地蔵尊や子安稲荷神社などを訪問。

ああ、街歩き系のフィールドワークに超広角カメラはめちゃぴったりだわ。
これはありがたい。