2019年6月12日水曜日

自転車で調布へ走る日。ついでに庚申塔考察。

調布まで自転車で走る日。

まあ、目的地は調布市郷土博物館。
ついでに、「多摩のあゆみ」に寄稿することになってて
それの取材兼それで使う写真の追加、
さらに、E-M1Xの300mmF4作例を撮る
のが目的。

走ったルートはこんな感じ。
GarminのEdge 25Jでログを取る。そうするとiPhoneのGarmin Connectアプリと同期されて、Garmin Connectのサーバーにデータが転送されるし、アプリ上でログを見ることもできる……のはいいんだが、そこからGPXファイルで書き出すって機能が無い。
それをやりたいときは、パソコン上のWebブラウザでGarmin Connectにアクセスし、そこからGPXファイルをダウンロードする必要がある。
うーむ。
わたしはgpxファイルを「スーパー地形」なりなんなりに読み込んでいろんな地図で参照したいので、そういった作業をiPhone上で行いたいのだよなあ。
以前、Garminの方にリクエストしたのだが、まあ、Garminユーザーとしてはマイナーな使い方なんだろう。
しょうがないので、Mac上でダウンロードしてクラウド経由でスーパー地形に読み込み、昭和初期の地図と重ねたのがこちら。


行きは滝坂道から分かれて若葉で国分寺崖線を下り、ちょっとうろうろして子の三島神社、八幡神社経由で狛江の品川道へ南下、
最近火事で燃えたっぽい民家を見つけて驚く。ほんの3日ほど前に火事になったらしい。
道理でまだ生々しいわけだ。


そこから、立川府中崖線のキワを西へ走り、下布田遺跡や古天神古墳経由で郷土博物館へ至る。


帰りは品川道まで北上し、下布田遺跡に唯一残っている狐塚古墳を見たのち
(これを残っているといっていいかは疑問だが……墳丘は削平されちゃってるし)

国領駅から野川沿いに走る。
でもって、無事、日没が近くて暗かったので撮影は困難だったが、
ゴイサギの幼鳥、カルガモ一家、カワセミと遭遇して
望遠&連写作例を撮り終える。
いやあ、得意なジャンルだとバケモノレベルですごいですな、E-M1X。

○今日の庚申塔

古地図を見ながら走ると地蔵馬頭観音庚申塔などなどと出会うわけだが、
庚申塔のデザインが場所によって全然違ってて面白いのである。
庚申塔(とりあえず東京あたり)のデザインは元禄期に「青面金剛像+三猿」に固まったと思われるわけで、青面金剛像が鬼を踏みつけてる絵柄が多いものの、
ディテールは個々で全然違う。
面白いので今日出会ったものを並べて見た。出会った順。

滝坂道の三叉路。左手に縄。鬼なし。

小足立八幡神社境内。弘化4年(1847)。彫りが深い。鉾と剣と宝輪。左手に逆さの女。

狛江市八幡通り沿い丁字路。文字庚申塔。

狛江市品川道三叉路。文字庚申塔兼道標。

狛江市山谷庚申塔。宝永元年(1704)。左手に縄、右手に斧という構成が珍しい。三猿あり。

狛江市山谷庚申塔。文化元年(1804)。矛と宝輪というベーシックな構成。三猿あり。

調布市郷土博物館。享保13年(1727)。元所在地不明。鬼踏んでる。三猿あり。

調布市品川道沿い丁字路。三猿が台座にいる。
このように同じ青面金剛像でも手に持っているものが違ってるのである。
ちゃんと研究したらめちゃ面白そうなのだが大変なのでしてません。

日本国語大辞典によると「青面金剛」は
「身は青色で四臂または二臂・六臂に造り、目は赤くて三眼、頭髪は火のようにさかだち、身には蛇をまとい、足下には二匹の鬼を踏みつけた怒りの形相をとる」
だそうで、確かに頭は逆立ってる。

ちなみに、庚申塔に三猿がつきものなのは……たまたま庚申伝承にみざるいわざるきかざるがしっくりきた、ってことで、「庚申」は「かのえさる」、ってとこから「さる」がフィーチャーされるようになったんじゃないかと個人的には思っております。
さらに猿にこだわると、「猿田彦」が絡んできて、庚申塔が祀られた「猿田彦神社」になるという例もあるのである(練馬区で2つばかしみた)。

「国史大辞典」によると
「庚申待を三年間連続行なった際に供養をして造立するのが庚申塔」であり、
庚申待は60日に一度おとずれる庚申の日の夜に行う行事のこと。















2019年6月11日火曜日

閉鎖された我善坊谷周辺を一周する日

虎ノ門で打合せ。

せっかくこちらへ来たので、
すでに閉鎖されて入れない(6月7日の正午に閉鎖されたのだ)我善坊谷あたりを
THETA Z1とE-M1Xを持ってぐるっと歩き回る。

赤い線がGPSのログ。
緑の白抜き×が、閉鎖されている谷への入口。



5つある谷への入口がすべて閉鎖、どころか「区道廃止のお知らせ」なのだ。
台地上から我善坊谷坂へ下りる坂路は上で閉鎖。



囲いの上からTHETA棒につけたTHETA Z1を差し出して撮影して切り出したのがこちら。

すでに中はこんなである。今まで建物で隠されていた谷地形が露わになってると思うとそれはそれで興味深いのだが。

さらにぐるりと回って、麻布郵便局方面へ。もう建物は取り壊されて、土台が見えてるだけ。工事車両の入口から中を取ってたら、警察官に声をかけられた。
「カメラをロシア大使館の方に向けないで下さいね」。
麻布郵便局から道路を挟んだ反対側に大使館があるのだ。
いやはや。


ちなみに、在りし日の「麻布郵便局」がこれである。
ああ、カッコよかったのに。昭和5年に完成した近代建築で、Wikipediaによると「旧逓信省貯金局庁舎。のちに日本郵政グループ飯倉ビルとなり、その中に郵便局がはいっていた。
つまり建物自体は「日本郵政グループ飯倉ビル」である。
2007年3月 リコー GR Digitalで撮影
再開発に伴って取り壊し……にはあまりにもったいないカッコ良さではないですか。
なんというかなあ、「いろんな時代の建物が残っていてこそ」の歴史だと思うわけで、残せるものは残して欲しいと。

あとは綱町三井倶楽部の向かいにある旧かんぽ生命東京事務センター(旧逓信省簡易保険局)だが、これの行く先も心配(こちらも昭和4年築)。
綱町三井倶楽部と対になった近代建築エリアとして、なんとか保護して残って欲しいのである。なんかもう「近代建築特区」にしちゃえ、とか思うですよ。

さらに、各入口(つまり各種坂上)をチェックして回る。
霊友会脇の坂も閉鎖。

THETA Z1を使って囲いの上から覗き込んでみた。



ついでに西久保八幡宮へも上る。
八幡宮の裏参道が我善坊谷へ下りていたのだが、
そこも閉鎖して工事中。
ここは鬱蒼とした薄暗い階段があったのだが、
そこはきれいな参道を新たに作るんだろなと思う。

そんな感じで、
閉鎖された我善坊谷周辺散策でした。

帰宅して、
トリセツにcheeroのPower Plus 5のレビューを書く。


2019年6月10日月曜日

USB充電についてあれこれ調べる月曜日

なんとかascii.jpに原稿を書いてメール。

USB-PDについていろいろと信頼できる資料を当たりつつ調べる。
で、ちゃんと書こうと思うとけっこう分量がデカくなるし
読む方も「え、こんなことまで知らないとだめなの?」ってなってもよくない。
そもそも、USB充電の話をちゃんと書くと、
レビュー部分まで辿り着いてもらえない可能性もあるわけで、
そういうのは別記事にすべきだよなってことでシンプルな内容に書き直すことにする。

まあ、USB充電の話は別に書こう。
ちゃんと解説すると長くややこしくなるし
でもUSB充電って誰にでも非常に身近なものだけに
最低限知るべき点は知って欲しいし
(たとえば、iPhoneに付属するUSB出力のACアダプタは実は出力が1Aしかないから
 すげー充電に時間がかかるので別途用意した方が賢いよ、とか)
難しいところですな。

2019年6月9日日曜日

地道な雨の日曜日

昼間は延々と充電関係のテスト。
フル充電まで何時間、とかやるのはかったるいので、
20%まで減らしたiPhone(つまり警告が出た状態)で
モバイルバッテリーとかUSBのACアダプタにつないで
「30分」充電したらどこまで復活するかを
いろんな電源で試すという感じ。

けっこう差が出たわ。
iPhone XSったら(というかiPhone 8以降)
本気出せばそこまで早いのね。

夜は「鳥へい」。
久しぶりに鳥へい行こうってことで
雨の中、ご近所の夫婦と4人で飲んだり食べたりする。
で、帰宅して遅れてるascii.jpの連載書かなきゃ……
とあれこれ作業してたらダウン。

古い写真の整理や発掘はめんどくさい。
(昔はApertureでやっていたのだけど……Apertureが秋には使えなくなるので
 Lightroom Classicへ移行中なのだ。ここ2〜3年分のは問題ないけど、
 古いヤツはまだ整理がついてない)


2019年6月8日土曜日

今からモバイルバッテリー買うならcheeroのPower Plus 5ですな

ITMediaにGRIIIのレビューを書いてメールする。

トリセツのレビュー用にcheeroのPD対応モバイルバッテリー
「Power Plus 5 10000mAh」のテストをあれこれ行う。
まあ要するに、
USB-A to lighting での充電と
USB-C to lighting の充電の差がどのくらい出るだろうとテストをはじめる。

そろそろ一般の人向けに、
難しい話抜きでなんとなくわかるような解説が必要だなあと思う。
USB-C端子がぞくぞく出てきたし、
PDって普通の人は知らないだろうし。


とりあえず、このバッテリー良いわ。
残量が細かく表示されるのよいし、スリムな割に容量も大きいし。
ちと重いけど。


2019年6月7日金曜日

休日

なんか疲れたので仕事があまりすすまん。
やることはいっぱいあるんだが。
てなわけで、室内のテスト作例とか
雨が降ってるー、あ、ちょっとあがったーってことで
濡れた紫陽花を近所で撮ったりして茶を濁す。

2019年6月6日木曜日

横浜ロケの日

ロケの日。
某社オウンドメディアの仕事で横浜ロケ。
写真を撮らなくていい原稿も書かなくていいという仕事なのであるが
(その代わり、喋ったり写真を撮られたりはする)
それはそれで緊張しますな。


2019年6月5日水曜日

撮影の日

池袋でGR IIIとE-M1Xの作例撮り。

スナップ用の小さくてポケットに入るカメラがひとつ欲しいのだよなあ。
GR IIIはスペック的にはまったくもってOkなのだけど、
モニタをチルトさせたいなあ。
ソニーのRX1RII……と思ったら、今でも40万円するのだった。

Mac ProのAR写真がはやってるようなので
線路の上に置いてみた。


悪くないですな。
PowerMac G5と並べてみたい気もするけど、
部屋を片付けなきゃいけないのでめんどくさいのであった。

2019年6月4日火曜日

WWDCのキーノートをうけて

明け方、アップルのWWDC基調講演。

もういろんなデバイスに対して
OSがアップデートされて
さらに、新型MacProも出たりして大変。

個人的なトピックとしては
・iTunesがやっと重い荷を下ろした
・iOSからiPad OSが独立した
の2本ですかね。

・iTunesってもともと音楽CDのリッピングと再生のソフトで、iPodが誕生してその楽曲を管理する機能を持ち、その縁で映像とかPodCastとか、iPhoneが登場したらそのバックアップとか同期とか管理まで担わされて、もともと音楽用ソフトだったのにいろんな機能を背負わされすぎて巨大化してややこしくなってたので、とっくに整理すべきだったのだ。
 まあ増築を繰り返し、付属する施設をどんどん追加して迷宮化したホテルが、それぞれの役割に応じた施設を作り直して整理したって感じ。
 音楽とPodcastと映像と、それからiPhoneの管理はFinderに統合、と。

 まあこれ、iOSのバックアップはiTunesではなくクラウドが主流になり、アプリのダウンロードもiTunes上からはできなくなった時点で予想できたことではある。

・iPadはここんとこよりパソコン的な使い方に向かっていたので、そっちへいくとなるとファイル管理とか外部デバイスとの連携も必要になるわけで、iPhoneとの違いがどんどん大きくなり、とうとう独立したってことでいいんじゃないかと思う。
 個人的には歓迎の方向。iPadなんてただiPhoneがでかくなっただけじゃないかとかいわれたのは遠い昔。

 まあなんというか、全体の感想としてはここ数年と同様、
 時代の流れに対応した順当な進化であったなあというとこです。

 ジョブズの時代、Macを中心にその周辺にiPhoneやiPadやカメラやその他もろもろのデバイスがあったのだけど、今の時代「中心」がなくなってる。
 いろんなデバイスがそれぞれインターネットにつながり、それぞれが自由に連携して動作し、共通するデータやバックアップや何やらをまとめるのはクラウド、って時代に来てるわけで、ここ数年でそれに対応していくというのが「順当」。

 iTunesでiPhoneのバックアップを取るなんてもう昔の話なのですよ。
 いろんなデータがパソコンにまとめられてるなんてのも昔の話なのですよ。
 とかいいつつ、うちにある大量の写真はクラウドに置ききれないので未だにローカルにいっぱい転がってて、LightroomもClassicを未だに使ってるわけですが。

 そうだ、次のmacOSから32bitアプリとApertureが動かなくなるんだった。
 秋までにそれをなんとかしないと。
 実はいくつか、32bitアプリ(すでに開発終わっててアップデートの予定もないやつ)があるから、そのデータを汎用のものに変換しておかなきゃいけない。めんどくさい。

 とりあえず、そろそろ今の時代に合わせてiPad ProとiMacを買い換えなきゃいけないけど金がないので、仕事ください、ってとこです。オチは。



 で、寝て起きて、トリセツにフルサイズミラーレス一眼の総括的コラムを書く。

2019年6月3日月曜日

自転車で水道みちをひた走った日

桜新町で打合せ。自転車で走る。
ついでに、ちょっとチェックしたい道があったので
そこから水道みち(かつての渋谷水道)ベースで岡本隧道まで走り、

大山道の追分。ここから水道みちは岡本隧道に向かって伸びる
岡本隧道。水道を通していた。
野川を渡ったら今度は別の水道道路で和泉多摩川方面へひたすらまっすぐ。
こちらは神奈川県の長澤浄水場の水を東京都に運ぶ水道管が埋まってる。
多摩水道橋で多摩川を渡り狛江に入ると砧の2つの浄水場に向かってまっすぐ走っているのだ。
神奈川から東京へ水を補うために作られた水道道路(昭和28年)。
水道道路を知ってるとショートカットできてよいわ。
久しぶりにスピード感楽しい。水道道路沿いだと特に史跡もないので
寄り道しなくてすむしな。自転車向きの道。

狛江市に入ったところで以前から気になってた前原塚古墳。

そして、狛江から調布へ抜ける「鎌倉道」伝承のある松原通り(とその旧道)を
寄り道したり道標や神社を探しつつ北上する。

鎌倉みち沿いの道標を兼ねた庚申塔

ちゃんと祠にはいってる2体の庚申塔が一番新しい(大正時代)という……

右の石をかぶった地蔵が気になる。。。

この坂はよい坂。
ちょっととある原稿のネタに使おうと思っているのである。
最近、徒歩が多かったので、
久しぶりに走ると楽しいですな。
23km程度だけど。

GPSログはGarmin 25Jでとっております。
これ、小さくて軽くてGPS内蔵サイクルコンピュータとしていい。
難点はバッテリーの持ちですな。

帰宅してtorisetsuにTHETA棒の記事を書いてメール。

2019年6月1日土曜日

「東京古道散歩」の日

6月第一土曜日は新潮講座「東京古道散歩」の日。
というわけで、
5月中旬から今日にかけて3つも街歩き講座が入ってたのである。
バタバタするわけだ。

用賀から世田谷城経由で豪徳寺。
ルートはこんな感じ。
古地図にできるだけ忠実に。

今回は時間に余裕をもたせてたので、
世田谷区郷土博物館や井伊家の墓地にも立ち寄れる。


豪徳寺で餃子食べつつ打ち上げ。

7〜9月は野外講座はお休み。
その代わり、皆川さんとふたりで室内で「凹凸合戦」やります。

詳細はこちらで。

2019年5月31日金曜日

家を出ない日

ascii.jpに猫連載を書いてメール。
THETA Z1で猫を撮る話。
ITMediaのスマホカメラ関連企画の原稿を書いてメール。
明日の東京古道散歩の準備をする。

2019年5月30日木曜日

あれこれ撮影する日

スマートフォンで作例の日。

動画作例用に買ったプラレールで動画作例。
もともとプラレールアドバンストは持っていたんだが、
あれは動画作例にはちょいと小さいので
フルサイズのが欲しかったのである。
買ったのはVSEと千代田線車両。レールはプラレールアドバンストのをそのまま使えるので。


やっぱ、旧国鉄車両が欲しいなあ、こんど買おう。

午後は近所でデジカメの作例撮り。GRIII。
ついでに豪徳寺の招き猫を撮り、

そういえば土曜日は「東京古道散歩」でこの辺を歩くなあ、ってことで自転車で軽く下見したら、世田谷代官屋敷が工事中で見られないことを知り、ちょっとショック。
でも郷土博物館は開館してたのでちょいと豪徳寺について区の調査報告書を調べる。

実は、豪徳寺の「招き猫伝承」の初出を知りたかったのだが、よくわからず。教育委員会も真面目な報告書には出てこないし、江戸時代の地誌(江戸名所図会や新編武蔵風土記稿、四神地名録など)にも出てこないのだ。

夜は夜景作例のためちょいと日比谷へ。





2019年5月29日水曜日

まなたびで古道と古墳の日

小田急のOPカード事業部(といっていいのか?)がやってる
「まなたび」っていうカルチャーセンター的な事業があって
昨年から、地域ツーリズムの会社「結お〜くらんど」の依頼で
その街案内人をしてるのである。
今回は和泉多摩川駅から
旧登戸道(世田谷通りの旧道の旧道くらいの感じ)を歩いて
「猪方小川塚古墳」や「多摩川決壊の碑」、
「北向き地蔵」を経て、「籠屋」でランチ、
そこから喜多見へ向かい、喜多見古墳群と慶元寺と喜多見氷川神社、
最後は次大夫堀公園で解散、
というコース。

平日昼間開催なのに満員(ランチ場所の都合で、20人max)。

何度も訪れている場所だけど、やはりあの辺は面白い。
古墳も道標も古社古刹も揃ってるし、
どの駅からも遠いってのがよいよねえ。

帰りは成城学園前までバスで。

2019年5月28日火曜日

葛西臨海公園

葛西臨海公園でITMediaのお仕事。
駅の階段を降りてびっくり。
ガード下の店舗群が、NewDaysを除いてすべてなくなってる!
何度か使ったマクドナルドも。


2020年のオリンピックに向けた大改装中なんだろなあ。

まあなんというか工事中だらけである。
大変だ。

にしても葛西臨海公園は遠い。
E-M1 Mark IIのrawで撮ってLightroom Classicで現像。
仕事用のイメージカットも撮らなきゃいけないときはこのカメラを持ち出すことが多い。
これと12-100mm F4があるとたいていなんとかなるのだ。


2019年5月27日月曜日

新潮講座の資料をつくる日

明日のロケに備え、
届いたスマホの動作確認とか帰農チェック。

土曜日の「東京古道散歩」で使う配布資料をなんとかつくって送る。

こんな感じ。


興味ある方はこちらから。

2019年5月26日日曜日

働く日曜日

働く日曜日。
なんとか富士山案件を書いて送る。

水曜日の街歩き「まなたび」で使う配布資料を作成して送る。
和泉多摩川駅から次大夫堀公園まで登戸道を歩く予定。

急に暑くなったので大五郎が涼しいところでひしゃげてる。

2019年5月25日土曜日

はたらく土曜日

先日の富士山案件の原稿とかテープ起こし(いやもうテープは使ってないんであるが、じゃあ今は「ナニ起こし」というのだろう)とか写真整理とか
しなきゃならないので家にこもってたのだが
一度テンションを落としちゃったのでなかなかエンジンがかからず
たいへん困った土曜日なのだった。
でもなんとか、ある程度目処が立ったのでいったん寝ることにする。

結局、FUJIKINAにはいけず。
まあGFX100を触る機会はどっかであるでしょう。

なんか、いろいろなカメラが出て
いろんなカメラを触ってると
自分にとって必要なカメラってどんなんだ?
というのが見えてきて面白いですな。

山王日枝神社にある謎の土塁?トンネル?祠?の謎

「まいまい東京」で訪れた赤坂の「日枝神社」(山王日枝神社。山王さま)だが、
以前からずーっと気になってるとこがあったのである。

で、調べてみたのでここにメモ。

明暦の大火後、松平忠房邸(深溝松平家。神社がここにきたころは、福知山藩藩主)があったこの地に遷座した。

今は赤坂駅からちょっと東へあるいて外堀通りを渡り、2000年に完成した巨大鳥居をくぐってエスカレーターに乗ればすぐだ。

これは「まいまい東京」の当日に配布したお散歩の友となる配布資料の一部。
こういうのがお好きな方、ぜひ、ご参加を。
で、右にあるのが
寛文10年(1670年)の地図。遷座した11年後だ。


その、
日枝神社、中央に回廊に囲まれた社殿があり、
その北側に山王稲荷などの摂社がある。

山王稲荷はもともとここに屋敷を持っていた松平家の屋敷神だったようだ。
気になるのはそのさらにその北側、
フェンスがあって立ち入れない空間に謎の土塁っぽい塁とトンネルと祠があるのだ。
「これ謎です」ですませるのも悔しいので
FBで尋ねてみた。
これが土塁っぽい盛りとトンネル。


これがトンネルの右手にある祠。


山王日枝神社は昔「星が岡」と呼ばれていて、
中世に「星が岡城」があり、その名残の土塁だという伝承があるようだが、
  調べても、星が岡城があったという古い資料が出てこない。
個人的には昔誰かが地形的にそうなんじゃないかといいだしただけで、
何の根拠もないんじゃないかなと思ってる。
まあ、砦をつくるにはよい場所だし、渋谷から江戸城を攻めるときに
一ツ木原(赤坂の一ツ木通りに名前が残る。四ッ谷から赤坂あたりの地名だったもよう)の合戦もあったわけで、
渋谷城から赤坂御所あたりを抜けて麹町へ至る古道を思うと
可能性はないことはないだろうけど。
ちょっとひっかかるので、城には触れないことにしてる。

それ以上に興味深かったのが古墳だった説。
東京を見てまわってたくさんの古墳を発見した鳥居龍蔵博士がこのあたりを巡検して古墳だといったそうで。
確かに、明治から戦前の地図を見ると、ちょうどこの位置に「2つの塚」が描かれてるのだ。
それが削られて一部だけが土塁のように残ったというのが正しいかも。



追記
鳥居龍造博士の記述を国立国会図書館デジタルコレクションで発見。
トンネルが穿ち、とあるので同じものをさしてるはずである。
「上代の東京と其周囲」








2019年5月24日金曜日

THETA Z1発売日

朝、ちょいと必要があって電話取材。

iPhoneは「通話録音機能」がない。
そのための機材を買ったりアプリを買う予算はない。

手元にあったAndroid機を見ると「通話自動録音機能」がある!
おおお。
ってことで、それを使うことに。
iPhoneに入ってたSIMをAndroid機に差し換え、
通話自動録音をオンにし、
イヤホンマイクを使って電話する。

なるほど。
電話取材をよくする人は、それように通話録音機能があるAndroid機を持つのが賢いかもですな。

iPhoneなど通話録音機能を持たないスマートフォンが多いのは
米国などいくつかの国で通話録音が禁止されているため、だそうな。

さて今日はTHETA Z1発売日。
わたしは発売前から使わせていただいてるのだが、
ちょいと別売りの品が欲しかったのでそれだけ別途注文してたわけで届いたのだ。
それが「シータ帽」。いや正式名称は違うけど。



この写真を見た某女史が「メーテル!」といったので
愛称「メーテル帽」。確かにメーテルの帽子っぽい。
普段は帽子としてレンズを保護し、時にはお尻につけて簡易THETA立てとして使える
代物である。

夜はascii.jpの猫連載を書いてメールする。
つかれた。