2019年12月1日日曜日

12月になるのがはやすぎる

12月になった。何かとヤバい。
とりあえず家に篭もって仕事する。
単行本の作業。

夜、録画してあったブラタモリの岡山編を見てびっくり。
案内人に磯田道史が!
毎回必ず録画して見てるテレビ番組って3つしかなくて、
タモリ倶楽部とブラタモリと英雄たちの選択なんだけど、
英雄たちの選択でメインをつとめてる歴史家先生の登場である。

もうガチの専門家でしゃべれる人なので
ハイレベルなブラタモリでありました。
吉備津彦命が桃太郎のモデルだった……という説は面白いのだけど
それ以上に、その説の信憑性を高めるための状況証拠を
古墳や伝承や遺構などで積み上げていく感じが、
さすがガチの歴史家って感じで良かったのだ。

でもブラタモリの案内人らしく、台本通りにしゃべったりするのも見てておかしい。
ブラタモリの面白さって案内人で決まるとこあるからなあ。
タモリのアドリブにさっと対応できるだけの知識がないとぐだっとしちゃう。

そういえば11月の秋田編の案内人は柳山さんだった。
新潮講座の野外講座を立ち上げて、いきなり初対面に近いわたしに
新潮講座で「東京古道散歩」やりませんかと誘ってくれた人である。
よく知ってる顔が案内人してるってなんか不思議だわ。

0 件のコメント: