2021年6月12日土曜日

0612:やっとCatalinaからBigSurにした日

うちのiMac 2020モデル。

どこかのタイミングでBig Surに上げたいと思っていたのだけど、なかなかタイミングが合わず、WWDCの基調講演を見て、そろそろ次に備えて上げておかねばと思い立ったのが数日前。

最近はiOSとmacOSが連動して動いてるので、両方とも最新バージョンにしとかないとその恩恵に授かれないし、授かれなくなっていく感があったのが、そろそろ上げておかねばと思った理由だ。

やっと急ぎの仕事がなく、アップグレード時に何かトラブっても対処できる時間を確保できたのでBig Surにしたのである。

最近はMac関係の仕事もないので、昔ほど「新しいOSが出たらすぐ入れる」ってこともないのだ。

いざアップデートをかけてみると、予想以上に平和にBig Sur化完了。

アプリ側もさすがにBig Sur対応は済んでるわけで(あまりマイナーなのは使ってない……はずだし、昔みたいに片っ端から入れて試してみるとかしてないし)、

デザインがiOS系っぽくなったけど、そんなのはすぐ慣れるし、

問題なさそうでなにより。

Catalinaでは未対応だった、アップル版ストリートビューもBig Surのマップアプリなら見られるし(これはちょっと欲しかった)。

写真アプリの機能が部分的にiOS版より劣ってるのが気に入らないけど(パースを修正する機能がなぜついてない?)。

で、考えてみたら、Big Surにしたかったというよりは、Montereyに上げるためにまずBig Surにしておかねばっていう動機だ。macOS 11はMontereyからが本番かなと感じたわけで、それをいったらM1+Montereyなんだけど、M1のMacを買えるのはいつになるやら。


2021年6月11日金曜日

0611:岡本静嘉堂文庫美術館の日

三菱の、というか岩崎家の岡本静嘉堂文庫美術館。

ここ、交通の便は悪いけれども、その分自然と風光明媚がある国分寺崖線の上というよい立地であった岡本静嘉堂文庫美術館であるが、丸の内への移転に伴い閉館するのである。

最終日が6月13日。でも土日は混雑するに違いない。

というわけで、妻と自転車で岡本へ。




やっと曜変天目茶碗をしげしげと眺めることができて満足。

ここ、美術館の他に静嘉堂文庫の建物(大正13年竣工)や、岩崎家の廟堂(明治43年竣工)、斜面を活かした庭園なども公開されており、散策によいのであるが、そちらは従来通り公開されるのか閉鎖されてしまうのか、気になるところである。どうなんだろ。







2021年6月10日木曜日

0610:働く木曜日

文字起こしが終わった原稿を元に、

対談原稿としてまとまるよう規定の分量にまとめて

送る。

ふはー。ファクト関係を検索して確認しながらすすめたので

思ったより時間かかったわー。

一段落。


2021年6月9日水曜日

0609:大手町の日

おおむね元気。

内神田の出版社で単行本の打ち合わせ。

大手町から歩くのが近いな、ってことで降りると延々とワクチン接種場所への案内が。

接種センターは神田橋のたもとにあり、わたしも神田橋を渡って北へ行きたかったので案内に沿って歩く。

会場はそこそこ空いてるようで、さっさと65歳未満にも接種券出せばいいのに。



神田橋を渡って出版社で打ち合わせ。

その後、新装なって歩けるようになったという常磐橋を目指して歩き、

これは龍閑橋。α7C。

常磐橋を渡る。


新装なった将門塚に立ち寄って帰宅。


夜、先週取材分の文字起こしを延々と行い、おこし終わったところでダウンして寝る。



2021年6月8日火曜日

0608:資料を作る日

日曜日の「まいまい東京」で配布する資料を作る。

代官山から渋谷を経由して表参道へという鎌倉街道渋谷城攻略ルート。

にしても、代官山の語源がよくわからん。諸説あります状態。

これは渋谷駅前。稲荷が六本木通り+青山通り新道につぶされる寸前なのが味わい深い。まだ並木橋駅もあるし。



2021年6月7日月曜日

0607:WWDC2021

flick!の連載を仕上げてメールして寝て起きて復活して代表戦をちょっと観て

また寝て起きて、アップルのWWDC基調講演。

まあメッセージング系や日本が後回しになってる系は軽く聞き流すとして

(でも、コロナ禍以降、よりコミュニケーションや情報の共有に力を入れているというトレンドは片隅にいれつつ)

デジタル終活も視野に入れたってのは見逃せない。

Apple Watchを見てるとわかるように、健康やフィットネスに力を入れてるんだけど、

高年齢のユーザーが増えてるのを自覚してるメーカーって意味ですごいと思う。

逆に若年層にはもっと頭を使ってアイデアを拡げようって感じのSwiftあるし。

で、今回注目すべきは、Big Surではっきりしてきた

iOSやiPad OS系とmacOS系の連携やテイストの統一がより強化されたこと。

個人的にはひとつの入力デバイスで複数のデバイスをシームレスに使えるユニバーサルコントロールとか、

AirPlayの出力先にMacを選べるAirPlayとか(実はこれ欲しかった。iPhoneでコンテンツ見つけて、それを27inchのiMacのモニタで見たいとなったとき、この機能があればすぐに飛ばせる)。


iOS系とmacOS系で統一してる人にはどんどんシームレスで快適になっていくのだけど、

あまりに世界が閉じちゃうのはなんだかなという気もするけど、この先どんどん同じテイストの別OS別デバイスって展開になっていくんだろな。

とりあえず、うちのiMacをさっさとBigSurにしなければ。

(BigSurが出た当初、いくつかのアプリがトラブったという情報があって後回しにしてたのだ)。



2021年6月6日日曜日

0606:休息日(仕事はしたけど)

頭痛と腹痛はおさまったので一段落。

でも調子は良くないので寝る。

昼間いっぱい寝たので夜は当然目が冴えちゃうわけで、

flick!の連載を進める。

将門塚の話。地図とか資料とかと格闘。

国税庁のWebサイトに将門塚の話が出てるというギャップがおかしい。

一時期、将門塚は国税庁の敷地にあったのだ。



2021年6月5日土曜日

0605:東京古道散歩の日

昨夜はたっぷり寝たので復活。特に悪い症状はない。

まあ疲れだかストレスだかなんかそんなのだったのだろうってことで

天候もそこそこ悪くない東京古道散歩の日。


千駄木から根津神社旧地・根津神社現地・門前町・根津教会、

藍染川を渡って玉林寺・善光寺坂・ヒマラヤ杉・瑞輪寺・板碑・築地塀・七面坂・天王寺・芋坂・という感じでぐるぐると谷根千。

つつがなく終了(ちょっと予定をオーバーしちゃったけど)。

解散後、西日暮里まで歩いて千代田線で帰宅。

で、ひと休みしてたら急に体調不良になり、そのまま寝込む。

復活したと思ったのが甘かった。古道散歩で体力使い切ったか。

そのまま寝込んで終わる。

ぐはっ。

2021年6月4日金曜日

0604:体調不良の日

よし、今日は某社の某仕事をするぞ、と決意したものの

すこぶる体調が不良なので、明日は東京古道散歩もあることだし、

無理せず休むことにする。ぐー。

でも完全に休んじゃうといろいろ差し支えるので

ascii.jpに猫連載を書いてメールする。

にしてもこのご時世に体調不良になるとコロナが心配でありますな。

とりあえず、会食など思い当たる節はないし、

咳も発熱と味覚嗅覚の異常もないことは確認して寝る。



2021年6月3日木曜日

0603:猫の話

なんか調子が出ないので本でも読むことにする。

これが面白い。

タイトルではわかりづらいけど、

江戸時代後期から現代まで、世の中で猫がどういう扱いを受けてきたか、

人々は猫をどう捕らえていたかを

豊富な文献から検証していく本。


猫が最初養蚕業に多く飼われた(鼠を捕まえてくれるから)
ってのは有名だけど(猫を神様として祀る地域はたいてい養蚕が盛んだった)、
明治後期にペスト対策として猫の飼育が推奨されたって話は知らなかったし、
大正から昭和の増えすぎた猫の扱い(動物愛護の人々でさえ、増えすぎた子猫を平気で遺棄していたとか)から
バブル期を経て今の
・猫は室内飼いが常識
・地域猫という概念
・ネコの食餌はペットフードが当たり前で人間の食べ物は与えない
などなどの時代に至るまでの流れを捉えてくれるのだ。

わたしが最初に猫を飼ったのが70年代半ばなので
その頃の記憶をついnoteに書いてしまった。



2021年6月2日水曜日

0602:かふかとプリンスメロン

α7Cでかふか。α7Cの安っぽいシャッター音がおもちゃみたいで楽しい。 


そういえば子供の頃、口に入るメロンと言えばプリンスメロンだったのに

最近あまし見ないなと思ってたらスーパーで見つけたのでつい買ってしまった。懐かしい味。



2021年6月1日火曜日

0601:谷根千解説資料作る

「東京古道散歩」用の配布資料を作る。

現代の地形図と江戸絵図を組み合わせて。

谷中は寺町なので何10もの寺が並んでて取捨選択大変。

歴史が古いお寺を中心に。

こんな感じ。作ってて楽しいのだが、あれこれ調べながら作るので(間違いがあってはまずいし、当日の自分用備忘にもなるし)、たいへん時間がかかる。

noteかどっかに有料で公開しようかしら。でもPDFなんだよなあ。

この辺、地形も面白いのである。