2021年7月22日木曜日

0722:荏田宿周辺散歩の日

では遊びに行くぞってんで、

ちょいと夕方から「たまプラーザ」に行く要件があったので、

江田駅で降りて、「都筑郡衙跡」とか「荏田城址」とか「荏田宿」とかを愛でつつ

大山道の旧道を辿り、

途中から北上して「驚神社」などを経由してたまプラーザへ。

左が現代地図、右が明治前期の彩色図。赤がGPSログ。宿場町以外は里山と田んぼしかなかった丘陵地帯が、今は全部住宅だものね。古い道筋が残ってないのもしょうがない。


江田駅を降りたらまずは大山道旧道を辿って南下。


東名高速を過ぎて、都筑郡衙跡。今は公園と東名高速。東名高速建設でかなり破壊されたようで、現地へ行っても「長者原遺跡」の解説板があるだけだ。


江田駅へ戻り、大山道旧道を歩く。

左手に荏田城址。ただし、私有地で立入禁止のため遠くから。奥に見える森が荏田城だ。

やがて旧荏田宿。

民家に常夜灯がぽつんと残っているほか、いくつか倉を持つ旧家あり。

真福寺へちょっと立ち寄り、


また戻って川沿いの旧道を歩き、崖下の霊泉の滝へ。

滝の上にある不動尊は「老馬鍛治山不動尊」。名前がいいですな。老馬はこのあたりの地名。鍛治山はきっと不動尊がある山だろう。



ここで、頭から霊泉をかぶり、ちょっと復活する。熱中症対策に霊泉。

ここからたまプラーザへの北上の道は鎌倉街道のルートだ、ってんでがんばって辿るが、

国道246号とか東名高速とか宅地開発とかで道筋がめちゃいじられてて


庚申塔があるから古い道かと思いきや、迅速図にはその道ないやん、とかいろいろあったけど

驚神社(おどろきじんじゃ!)や庚申塔などを経由して、たまプラーザへ。



驚神社(よく見ないと、鷺や鷲と間違えそう)。誰かが驚いた的な伝承があるかと思いきや「馬を敬う」でそれを一文字にした「驚」らしい。このあたりの地名は「石川」で、石川牧の遺称地と考えられている。牧場だったから馬なのだ。

律令時代の郡衙、江戸時代の宿場、高度成長期の地形や道路もいじった大宅地開発がないまぜになってるのがこの辺の面白さなんだろなと思ったりする。

久々に炎天下散歩して疲れたー。



2021年7月21日水曜日

0721:家から出ないで打ち合わせしたり飛行機見たり

夏の仕事についてオンラインで打ち合わせ。

ありがたいのだが家から出ないで済んじゃうので家から出なくなっていかんですな。

でもブルーインパルスは見る。うちのマンションの廊下から……結局家から出ないで済ませてる。

すごいな。



2021年7月20日火曜日

0720:Xiaomi Mi11のレビューを書く

続いて、XiaomiのMi11 Liteのカメラレビューを書く。

これはマクロカメラが実用的で面白い。しかも薄い(ケース付けちゃうとアレだけど)。



2021年7月19日月曜日

0719:OPPO Find X3はいいぞ

 ITmediaにOPPO Find X3のレビューを書く。

このカメラ、気に入ったわ。

超広角と広角が同じセンサー使ってて、マクロ撮影時は自動的に切り替わるのがいい。

写りもスマホらしい派手な画作りが良いし(リアルな画が欲しい時はデジカメを使うからいいのだ)。顕微鏡機能も面白いし。

今のところ、個人的なイチオシスマホかも。



2021年7月18日日曜日

0718:細かな案件を片付ける日

夕空がきれいな季節ですな。

これは反薄明光線というらしい。


コミックの続刊がいろいろ出てたのでまとめて買ってまとめて読む。

iPadは漫画ビューワーとして素晴らしすぎる。でもうちのはロートルなのでそろそろ買い換えたい。



2021年7月17日土曜日

0717:暑いので家にいる

ascii.jpに猫連載を書いてメール。

にしてもオリンピックは毎日毎日ネガティブなニュースに事欠かないわけだが、

その多くは事前にチェックしておけば防げたろうに、と思うわけで、

ザハ案を白紙撤回して以来、ずっと同じこと繰り返してるよな学習能力ないんじゃないかと。

小山田圭吾の話にしても、今まで誰も知らなかった過去……ではなく、90年代に音楽雑誌に書かれていた、いわば音楽業界では有名な話だったようで、であれば、パラリンピックの理念を考えれば蒸し返されることは容易に想定できたわけで、

蒸し返されたときにどう反応するかまで考えての採用かと思いきや、

どうやらそんなこともなさそうで、

これはもう明らかに組織委員会の甘さ、学習能力のなさに尽きるんじゃないかと。

誰を採用しようといろんな人がチェックしてやろうと手ぐすね引いて待ってるのは明白なのに、無策すぎる。


2021年7月16日金曜日

0716:夏の自転車散歩してサマーウォーズ

近所を自転車で走って足りない分の作例を追加したりする。

暑かったので区役所で涼む。無料休憩所、とか書いてあったし。

世田谷区役所は1959年竣工の前川國男設計の名建築。

ただ、何しろ1959年なので老朽化しており、2011年の震災時にはガラスが何枚か割れた。

で、建て替えることになり、区民会館はもう閉鎖されていてはいれず。庁舎はまだ現役なので生きているうちに見ておくとちょっと中へも。

特に区役所に用があるわけではないけれども、閉鎖前にのうちに細かいとこまで見ておきたい感あり。




夜、TVでサマーウォーズ。

12年前にこれを作ったってのはすごい。

信州の代々続く旧家の一族と、最新の仮想世界という両極端を同時に描き、

それを地続きのものとして見せるのは12年前だからこそだな、

とは思うけど(今の時代、そういう描き方をする必然性はもうなくなってるし、今そういう描き方をしたらあざとさが目立っちゃうと思う)

血縁でつながっためちゃ狭い田舎の一族と、ネットワークの向こうにいる世界中の人々が仮想世界でつながる、

的な、伝統的ではあるけど、その面白さは今でもあるよなあ、とは思う。


2021年7月15日木曜日

0715:撮影の日

スマホ2台持って作例の日。

登戸で人物作例。

小田急高架下は日陰でなおかつ風がよく通るので涼しくてよい。

その足を稲城長沼まで伸ばしてスコープドック。

稲城はウドの町だった。




2021年7月14日水曜日

0714:ザッハトルテ食う

とりあえず6ページ分だけ仕上げて送る。

原稿はあと6ページ分あるけど、図版がおいつかぬ。

ザッハトルテ食う。ウイーンの味。

冷蔵庫にいれてたもんだから汗かいてる。

冷えすぎないよう野菜室に入れておくが正解かな。



2021年7月13日火曜日

0713:ゼリーと練り物とザッハトルテの日

引き続き単行本の執筆。

届きものが多い日。

妻の実家から、因島のはっさくゼリー(これは美味)と、阿藻珍の練り物詰め合わせ他。


いつもいつもありがたや。

さらに、妻が注文してたウイーンのホテルザッハーのザッハトルテ。やっと届いた。

先月、一定の金額以上なら送料無料ってんで話題になっていたヤツ。さすがにちょっと溶けてた。



2021年7月12日月曜日

0712:単行本の日

引き続き、単行本の原稿書き。ひととおり書いたら図版に取りかかる。

紙面で使う写真を探すのが意外に大変。


2021年7月11日日曜日

0711:虹と夕日の日

かふかを病院に連れて行く。術後のチェックなり。

夕方、夕立がくる。って夕立って最近言わないよな。もうぜんぶゲリラ豪雨。

雨が上がる。

東の空に虹が出て、西の空が赤く焼ける。


ascii.jpに猫連載を書いてメール。

そろそろ本気出さねばまずい、

ってんで年内脱稿予定の単行本の執筆にとりかかる。

まず1節だけでもサンプル原稿と図版が欲しいというのでそこから。


2021年7月10日土曜日

0710:炎天下で作例撮り仕事

お。晴れたってんで、急いでガスタンク作例を撮りに走る。

その足で新宿に向かい、

家電批評誌の仕事で編集者と合流。

AQUOS R6を手に撮影しながら歩き回る。

だがしかし、いきなり真夏になるとは聞いてなかった。

新宿御苑でボトル給水器を見つけたので水を補充する。

今はこんなのがあるのですな。



あまりに暑いのでLUMINE estに対比してかき氷を食べる。

今年初かき氷なり。




2021年7月9日金曜日

0709:オンライン説明会は便利だけど

ちょっと寝て起きて
午前中のオンライン説明会に出席。

ここ1年取材やら説明会やら発表会やらがオンラインになって
めちゃ楽ではあるのだが、
その分、都会へ出かける用事が減り、
出かけたついでにちょっと歩きながら作例撮るかってな調子のフィールドワークも激減し、
身体はなまるは出不精が加速するわけでちょっと困る。



2021年7月8日木曜日

0708:新潮講座「凹凸合戦」の日

神楽坂の教室で新潮講座の日。

皆川さんとふたりで「凹凸合戦」。テーマは東京都23区凸凹地図帳。

今日は概要編。

時節柄、打ち上げもなく平和に終わる。

夜、flick!の「マップアプリ探訪」連載。

今回は大手町と丸の内の話。

マピオンの境界線マップを紹介しつつ大手町と丸の内の境界線とか、

官庁街が三菱になった話とか書く。



2021年7月7日水曜日

0707:七夕の日

七夕とかいてタナバタと読むのはなんとも不思議なので調べてみたら

もともとちゃんと「しちせき」と呼んでたらしい。

でも、もともと別ものだった「たなばた」といつの間にかいっしょになり

「七夕」と書いて「たなばた」と読むようになったようである。

なるほど。まあ「しちせき」って言いづらいしな。七夕って書きやすいしな。

明日、新潮講座。皆川さんと一緒にトークショーみたいなことやる「凹凸合戦」の日なので

テーマ(今回は、昭文社から出た「東京23区凸凹地図」)に合わせたプレゼン資料を作る。

なんとなく頭の中にイメージはしてたんだけど、いざ作り始めるとなかなか手が進まず

思ったより時間がかかる。


細かい調整は明日起きてからやればいいやってことで寝る。


2021年7月6日火曜日

0706:休息の日

以前日経BPの連載で使った写真を

論文で使わせて欲しいという依頼があったので、

高解像度版を用意して送る。珍しいことなのでここにメモ。

基本的に、非商用なら正式な依頼の上、クレジットを入れてくれればOkって感じで。

ひと仕事終わって疲れが残ってるので半分休養の日。


2021年7月5日月曜日

0705:時の経つのがはやすぎる。

某社の某案件2つめ。

取材データや資料とにらめっこしつつ

あれこれ調べて全体の構成を考えてまとめて

原稿にして最後はWORDに貼り付けて整えてチェックして送る。

ひとつめの案件、クライアントから戻しがある。

Wordの変更履歴の記録やコメントと注釈機能をちゃんと使ってくれているので

どこをどう修正したかがよくわかってありがたい。さすがである。

Wordの良いところはそこ。

複数人のチェックが必須な案件にはこの機能が欠かせない。



2021年7月4日日曜日

0704:雨の選挙投票日

手術後のかふかを迎えに行く。

雨が降ってたので徒歩で。

まあ、歯がかなりなくなったのでまだあまり元気ではないけど、

復活するとよいですな。

帰宅して、返却すべき端末があったので梱包して発送して

ついでに都議会選挙へ。

雨だしあまし話題になってなかったし、投票率引くそうだなと思ったら案の定。

夜、五十音の宇井野さんから受け取ったプロットをベースに

銀座オフィシャルの「銀座いなり探訪」の原稿を整えて、

地図や写真などを追加して戻す。


2021年7月3日土曜日

0703:接種券が届いた

かふかを手術に送り出すべく、医者へ連れて行く。

悪いのは歯である。レントゲンをとり、歯を削るなり抜いたりすることになる。


帰宅したら、世田谷区からワクチン接種券が届いてた。


やっときたかー、ってんで予約をかけるが、この予約サイトがなかなか不便で、

予約に余裕があるときはいいけど、

ないときは「×」がずらりと並んだなかから探さなきゃいけない。


空きがあるところだけさっと見せてくれるとありがたいのに。

結局、まったく空きがなく、1回目の接種が8月19日になった……が

メニューに「予約変更」を発見。

予約変更をときおりタップして何度かチェックしてたら、

最寄りの接種場所で7月24日の予約がひとつだけ突然空いた。

(この辺、リアルタイムに反映してるみたい)

誰かがキャンセルしたんだろう。慌ててそちらに変更する。

2回目も同じ場所で3週間後にとれた。

とりあえずそれで抑えておくことに。

このあと、50歳以下への接種券発送がはじまるから、

これ以上早くするのも難しかろう。

遠い場所なら空いてるとこあったけど、世田谷区って南北の移動が大変めんどくさいわけで、

自転車で行ける範囲ならどこでも行くのだけど、梅雨時なので雨に降られると途端に困る。

だから雨の日でも行けそうな範囲に(そのためにタクシー使うのもアレだし)

アタリをつけて、会場をいくつかに絞って探したのだ。

夜、ascii.jpに猫連載を書いてメールする。



2021年7月2日金曜日

0702:働く金曜日

下書きのテキストをWORDに流し込んで、

必要な図版などを指定して、内容をチェックして送る。

最初からWORDで書こうと思ったけど(WORDファイルを指定されたので)

あれ、リアルタイムでカーニングかけるので、文章を入れながら文字の位置が微妙に変わるのが気持ち悪い。あれがダメ。

そういえば、最近、何かとEXCELやPPTで作った企画書やら何やらがやってくる。

あれ、WORDの敗北だと思ってる。

WORDが使いづらいのだ。

A4縦長のサイズでPPTで作られた企画書というか概要書が送られてきたとき、

ああ、確かにWORDでこういうのをさっと作るのは難しいよなと。

くてちょっとレイアウトされた文書を作ろうと思うとWORDは何かと使いづらい。特に図を入れようとするとめんどくさい。

わたしは長いテキストを書くときはエディタを使ってるし(昔からJedit)、

レイアウトされたものを作るときは(街歩き時の配布資料とか)Pagesのレイアウトモードを使ってる。


2021年7月1日木曜日

0701:家に篭もって働く日

点滴のため、かふかを病院に連れて行く。

土曜日は手術なのでその下準備兼ねて。

夜、オンライン取材の結果と各種資料やら先方の要望やらを付き合わせて

原稿に仕上げ、一晩寝かす。