2018年12月9日日曜日

地図と紅葉を楽しむ優雅な1日

12月だというのにヒマなので
趣味のお出かけの日ということにする。

その1:平井で「地図だら」

はじめて降りる駅。総武線。亀戸と新小岩の間。
「千葉・地図ラーの会」という街歩き系の会が、
「地図だら」っていうプチイベントを「平井の本棚」2Fで開催してるので
ちょいと冷やかし気分で遊びに行く。

駅のホームから見える「平井の本棚」

14時からのゆっきーの千葉神社ばなしを聞いて帰るつもりが、

このあと檀上に呼ばれて、ふたりで神社話の対談をすることに。
彼女、「地図ラー」(アムラーと同じノリで、地図好きの会ってことでチバラーにしたらしい)の副会長で、イラストレーターで(たぶん)、神社話がすこぶる面白い。着飾った由緒や伝承を庶民レベルに落とすそのくだき方がほどよいのだ。


15時からの平井ゆるトークをちょっと聞いて、辞去。
次の目的地へ。

2:東洋文庫ミュージアム「大地図展」


駒込駅で降り、六義園の前を通り、岩槻街道沿いに東洋文庫ミュージアムへ。

ここ、もとは三菱の岩崎なのね。道理でこれだけ持っているはずだ。

めざすは東洋文庫所蔵の日本の古地図の展示。2019年1月までだが時間があるうちに観ておこうと思った次第。

武州豊島郡江戸庄図(江戸時代初期の地図。明暦の大火前。寛永から正保の頃?)。
江戸切絵図が描かれた幕末近く(ペリーの頃)とはかなり違う。江戸時代は250年以上続いたのだから、幕末が江戸、と思ってはいけないのだ。


さらに遠近道印による元禄期の江戸大絵図。実物の大きさとディテールの精細さに魅入られる。
遠近道印ははじめてきちんと測量した江戸の地図を作った人で、しかも江戸郊外もちょっと入っているのがよし。かなり正確で、現代地図の感覚による鑑賞にたえ。
もっと評価されていいと思うわけで、わたしもすごく参考にしている。
切絵図よりずっと面白くて興味深い。


ちなみにこの江戸大絵図、「大江戸ぶらり」という名でアプリになっております。

他にもタブレットとスクリーンが連動した解説付きの古地図や、シーボルトが持ち出した日本地図(シーボルト事件とは、この地図を外に持ち出したことによる)、その他日本地図や江戸図、浮世絵や江戸切絵図と多くの地図を楽しめる。


これはよい。
ミュージアムの作りも贅沢だしね。
モリソン文庫(モリソンから寄贈された文庫)も圧巻であるし。

こういう贅沢な空間があってもいい。
いや、財閥ならこういう空間を作って開放すべきだと思う。知のパトロンとして。

3:六義園の紅葉ライトアップ


東洋文庫を出て少し北へ歩くと六義園。
南側の正門は、駒込駅前の門に比べて空いているので有名。
今日がライトアップ最終日ということでぶらぶら見てまわることにする。
ここのライトアップ紅葉は何年ぶりだろう。
最近は混雑がひどいらしく、足を向けていなかったのだ。



今年は暖かだったせいか紅葉の色づきは今ひとつであったが
それでものんびりカメラを持って歩くと楽しい。

カメラはオリンパスのE-M1 Mark II。レンズは12-40mm F2.8とシグマの56mm F1.4の2本。
EM-1は手ブレ補正が超強力なので
こういうときによい。
これなんざ、F8に絞った上で手持ち。すごいわ。


ライトアップ紅葉らしさを強く出すため、WBは太陽光に。




紅葉を堪能して帰宅。最終日に間に合ってよかった。

そんなわけで趣味の1日なのであった。
疲れたので早寝。









2018年12月8日土曜日

PayPay祭りに参加してみた

世間では……いやなんというか
わたしの周辺の狭い世間ではPayPay祭りがはじまってて、
いっちょのっかってみるか、ってんでPayPay。


Yahoo! JAPANはプレミアム会員でYahoo!ウォレットも使ってたので
登録自体は簡単に済むわで
アカウントだけは先月作ってあったのである。

ビックカメラは激混みという話だったので
自転車で最寄りのヤマダ電機へ。

とりあえず、先日1枚洗濯しちゃった64GBのSDカードの代替を1枚買ってみた。

購入は実に簡単。
PayPayアプリを立ち上げてバーコードをレジについてるリーダーで読んでもらうだけ。

SanDiskのなのでそれなりのお値段。

利用履歴の詳細をチェックすると20%還元分が表示される。
ちなみに
全額(上限10万円)戻ってくるのは確率で。
ソフトバンクユーザーは1/10、Yahoo!プレミアム会員は1/20(わたしはこれ)、それ以外の人は1/40の確率で当選する。
まわりに当たった人何人もいるけど残念ながらわたしはまだです。

せっかく20%分戻ってくるってことで
別フロアで妻が欲しいといっていたハンドミキサーを買いにいき、
結局ブレンダー兼ハンドミキサーを買うことに。



全額ゲットはならなかった。残念。

でも20%分帰ってくるということで
販売時に値引きされない商品(アップルものとか)を狙う人がいっぱいいて
ビックカメラではiPad Proの在庫がなくなったらしい。
すごいな。

ヤマダ電機は平和なもんでした。穴場。

これ、口コミで広がりそうなので、
QRコード決済はPayPayがそのまま勝っちゃうんじゃないかと思う。
LINE payとか先行してるサービスがいくつかあるけど、使ってるという話あまり聞かないし。

2018年12月7日金曜日

汐留の夜

ascii.jpの猫連載を書いてメール。
56mmF1.4の話。

夜、広報系忘年会なるものに誘われたので汐留まで。
PC系の人たちがいっぱいいて、
最近、PC系の記事から離れていたので(依頼も無いし)
知らない人がいっぱいいたけど、
昔からPC系をやってるライターとか編集者とかは顔なじみもそれなりにいたのでした。
懐かしいノリが懐かしかったなあ。

汐留ついでにちょいとイルミネーションとか築地市場跡とか撮る。
iPhone XSで。

汐留ステーション跡

築地市場跡

築地市場跡の廃虚感がたまらん。

2018年12月6日木曜日

iPhone XS用のSHIFTCAM 2.0は2.0というより2.1

先日、act2さんから、新しいSHICTCAM 2.0が届いた。

iPhone XからXSで微妙にカメラの位置が変わったのでそれに合わせたマイナーチェンジ版かな、と油断してたら、あにはからんや、
確かに6連のレンズ構成は変わらないものの、
細かいところで改良されてて、しかも機能が増えてて、
おおむね「SHIFTCAM 2.1」って感じ。

左が昨年のiPhone X用SHIFTCAM
右が今年のiPhone XS用SHIFTCAM
レンズ周りのデザインやユニットの大きさが微妙に変わってるのがわかるかと思う。

さらに、昨年モデルでは微妙だった「レンズカバー」(6連レンズユニットを装着しないとき、本体カメラ部を保護するための簡単なカバー)が進化して、
スタンドとしても使えるようになってたのだ。

というわけで、iPhone XSでもこれを使い始めることにしたのでした。
まだ装着しただけなので詳細はいずれ。

とりあえず、赤く色づいた珈琲の木の豆でマクロ撮影。

詳細はこちら。

いずれ、ちゃんと使ってレビューします。

夜、ITMediaのカメラコラムに「デジタル一眼でスマホでは撮れない夜景を撮る技」の話を書いてメールする。
「みんな絞れー、開けー」ってな話がメイン。


2018年12月5日水曜日

働く水曜日

朝、かふかを病院へ連れて行く。
術後の検査のため。

まあこのくらいならもうちょっと様子見ましょうということで帰宅。

トリセツにEOS Rの記事を書く。


2018年12月4日火曜日

飼い猫を撮るのにもシグマの56mmですよ

15年使ったキッチン水栓が水漏れするようになり、
見てもらったら、応急処置をしてもまたどこかで不具合が起きる
という話で、
まあ15年だし、新しいのに交換するかってことで
交換に来てもらう。

レバーの形状やちょっとしたデザインに違和感。

午後はあれこれとたまった作業しつつ
56mmF1.4 DC DNでうちの猫を撮って遊ぶ。



2018年12月3日月曜日

働く月曜日

終日、
高専ロボコンものの
テキストを書いたり写真をセレクトしたりしてなんとか形にして送る。
なかなかまとめるのが難しい。

WORD使いにくい←でも図を貼ったり変更履歴を残したりできるので
図版付のテキストをやりとりしながら仕上げるには便利なのだよなあ。

ああ、WORDに写真を貼り付けたとき、貼った写真のファイル名(あるいはファイルパス)をどっかに保持しておいて欲しいーーー。

2018年12月2日日曜日

EOS RはレンズラインナップがいいけどボディはZ 6がいいなあ

さすがに疲れたのでちょいと休み……のつもりだったんだが
EOS Rを今日中に発送しなきゃいけないので
後回しにしてたブツ撮りとか
うちの猫とか赤く熟した珈琲豆などを撮ったりとかする。

EOS R + 35mmF1.8 macro

EOS R + 50mm F1.2

35mm F1.8 macro(ハーフマクロだけど、日常使いにはそれで十分)を最初にラインナップするってのがさすが。キヤノンは今どういうレンズが求められてるかをよくわかってると思う。
EOS Rのボディ自体はいまひとつわたしにはしっくりこなかったのだけど。

ボディはNikon Z 6が、レンズはキヤノンの14-105mm F4と35mm F1.8 macroが、
瞳AFやサイズ的にはα7RIIIがいい。



2018年12月1日土曜日

「東京古道散歩」の日

毎月第一土曜日を「東京古道散歩」講座の日、とルールを律儀に守ってみるか、
とスケジューリングしたら
なんと今年は12月1日に。

まあそれもいいか、ってんで滝野川。

四本木稲荷で、地元の老人が掃除していて
あれこれ話を聞かせてくれてラッキー。
雷汞場で雷汞を作るのに使われていた石の臼(みたいなもん)で作られた
慰霊碑の話とか。

金剛寺ではわずかな紅葉を楽しむ。

そして順調に、王子稲荷まで歩いて終了。

打ち上げは駅前の古い大衆割烹で。
16時半なのに人いっぱいでした。さすが王子。

今日のログ。
明治期の地図と現代地図で。アプリは「スーパー地形」。


来年は1月5日からはじまります。
ほぼ正月なので、最初は初詣風に
都心の神社を3つ巡る予定。
平河天神と山王日枝神社はどちらもかつて江戸城内にあった神社が
江戸時代になって城外に遷座されたもの。
どちらも外堀の内側に残ったのがめずらしい(たいていは外側にもってかれたから。神田明神もそうだし)。
そして3つめも遷座の歴史を持つ赤坂氷川神社。
現社地はもともと武家地だったところ。
そこを、江戸時代初期から中期の地図を見ながら当時の道筋を歩いて参拝です。
間違っても、山王日枝神社にエスカレーターでのぼったりはしませんw

おもしろそう、と思った方はぜひ。

2018年11月30日金曜日

シグマの「56mm F1.4 DC DN」推しです

シグマのミラーレス用F1.4シリーズの第三弾が1週間ほど前に発売されたのである。

Contemporary 56mm F1.4のDC DN。
いちおう、APS-Cサイズ Eマウント用中望遠なんだけど
マイクロフォーサーズマウントのもあって、
そっちだと
112mm相当でF1.4という「明るい中望遠」になるのである。
今まで30mmF1.4を使っててけっこう気に入ってたので、
出たら買うぞと決めてたんである。

でもお金がないので、最近使ってないレンズを2本下取りに出すことに。
となると、行き先は中野のフジヤカメラ。
下取り交換にすると買い取り価格が上がるからお得なのだ。
ふふふ。

かくして、実売価格が4万5千円クラスのレンズだけど
2本レンズを売ったおかげでリアルな出費は1万円以下に。
ありがたや。

しかも、初期ロット限定で「レンズが3本入るケース」付。



これがまた長細いので持ち歩くの面倒だったのだけどw
このF1.4三兄弟、わたしが持ってるのは2本だけ。
こんなケース貰ったら、残る16mmF1.4も買わざるを得ないではないか。。。
いやさすがに買わないけど。たぶん。

で、新しいレンズを手にしたらすぐにでも撮りたいのがサガ。

E-M1 IIに56mm F1.4を装着して最初に撮るのは猫。


よい感じにボケてくれます。
レンズの大きさもE-M1 Mark IIにちょうどよい案配。

天気もいいのでそのままブラブラと歩き、
以前から気になってた中野の城山(中世の居館跡。でも誰の居館だったかははっきりとは分かってない)。

地図を見ると中野氷川神社が近いってんで、
古地図を見ながら昔の道で氷川神社へ。
ここも古いのだ。

そのあと新宿方面へ向かうが、歩いてると日が暮れそうだな、ってとこで
ドコモのシェアサイクル発見。


これ、Felicaを会員証として使えるから、iPhoneをぱっとアテるだけで乗れて便利なんだが、機種を変えるとまた登録しなきゃいけないのがちとめんどくさい。
ともあれそれに乗って大久保通りを東へ。
適当なとこで返却し、
あれこれ撮影して帰宅。


ITMediaのカメラコラムを1本書いてメールして寝る。



2018年11月29日木曜日

働く月末

ITMediaにOPPOのFind Xのカメラレビューを書いて送る。

うにーっとカメラ部がせり出てくる
変態メカ搭載スマホである。
うにー。


2018年11月28日水曜日

東京古道散歩、滝野川・王子編の資料を作る

土曜日の「東京古道散歩」配布用資料を作る。

王子村や滝野川村のいい江戸絵図が「国立国会図書館デジタルコレクション」に収録されていたので
(もちろん著作権は切れており、自由に使えます)
それを駆使。
新編武蔵風土記稿によると、金剛寺の南に鎌倉街道が通っていたが、今は途中で途切れている、的なことが書いてある。
八幡から金剛寺へ伸びる道じゃないかと思ってる。

武州豊島郡滝野川村絵図。中央を流れるのは滝野川。
 王子権現の社殿が西を向いているのは、
熊野神社の方角を向いているっていうよりは(他にも都内に熊野神社いっぱいあるけど、わざわざ熊野の方に社殿を向けたなんて聞いたことないし)、
鎌倉街道から、あるいは滝野川城(金剛寺周辺)からの参道だったと考える方が妥当ではあるまいか。
武州豊島郡王子村絵図。王子権現あたり。
資料をPDF化して新潮社の担当者に送る。

日曜日に撮影した写真を整理し、
数千枚から300枚ほどピックアップして
担当者と共有。







2018年11月27日火曜日

東京古道散歩の下見で滝野川へ

レビュー用のEOS Rをバッグに入れ、
作例撮りついでに、土曜日の東京古道散歩の下見。

まあ、古道散歩の下見ってけっこう地味なとこ歩くので
作例に向いたものはあまり撮れないのだけど、
1日使い続けるとそのカメラについていろんなことがみえてくるもので大事なのである。

地下鉄西巣鴨駅から
まずは、明治通りと旧道(鎌倉街道)が分かれる三叉路から

滝野川八幡通り(これが鎌倉街道候補のひとつ)を北上。


ここからはいったん東に向かって四本木稲荷と古墳。

この神社の歴史がちょっとややこしい。もともと十条にあった四本木稲荷。四本の大きな木があったから。王子稲荷を分祀したもの。
そこに陸軍が兵器工場を作ったので、拡張して四本木稲荷となり、工場拡張に伴って少し位置が東にずれる(今の元稲荷公園)。
その後滝野川に雷汞場が作られ、そこにあった古墳の上に稲荷が勧請される(こちらも四本木稲荷)。稲荷のおかげでこの古墳は残った。
戦後、両稲荷が合祀されて今の四本木稲荷になり、陸軍施設(今の自衛隊十条駐屯地)にあった稲荷跡地は元稲荷公園となりました、と。

この四本木稲荷から北上すると金剛寺へ至るのだが、
一旦戻って、寿徳時へ。鎌倉時代創建と聞いたら立ち寄らねばなりますまい。


そして、陸軍造兵廠本部跡へ立ち寄り(ここで休憩を入れる予定)、
南下して軍事遺構をちょっと観つつ、
松橋弁財天跡と金剛寺。

ここ、音無もみじ緑地というのだけど、そういう名前つけるのなら、もみじをいっぱい植えて紅葉を楽しめるようにしてくれよ>北区 とは思う。

そして王子神社参道を歩いて王子神社。
足を伸ばして王子稲荷。


王子稲荷へ立ち寄るかどうかは当日の時間消化しだいだな。

で、音無渓谷をちょっと観て終了。

さて王子からどうやって帰るか。
JRに乗っちゃうとめんどくさい。秋葉原→お茶の水→新宿と乗換が発生する。
どうせなら使ったことないルートを使ってみよう、
ってんで、
王子から都電荒川線に乗って雑司ヶ谷へ。

「けもなれ」ロケ地として知られている(のか?)雑司ヶ谷の並木
そこから副都心線で明治神宮前乗換で千代田線直通小田急線というルートを試してみる。
雑司ヶ谷乗換えってのがちょっと楽しい。

夜、ITMediaにNikon Z 6のレビューを書いてメール。
Z 6、いいわー。Z 7より全体のバランスが良い気がする。
「ボディ単体」でみると、フルサイズミラーレスの中で一番の出来。

ただレンズラインナップの発想がちょっとなあ。
24-120mmF4があったら買っちゃうかも←とりあえずそれ1本でしばらく遊べるし
24-70mmF4は軽くてコンパクトとは言え、望遠端70mmじゃあ短すぎるもの。
24-70mmでOkって人や、Fマウントレンズをいっぱいもってるし、って人はもう買ってよいと思う。