2017年3月9日木曜日

樫尾俊雄発明記念館取材の日

仕事で樫尾俊雄発明記念館へ。
計算の日を前にカシオが発表会を行い、
教育系の様々な電卓(関数電卓や電子辞書がメイン)を展示。

関数電卓は日本以外の国ですごく売れてる。
それは教育方針の違い。
日本は手作業で計算すること自体に重きを置いてるので授業で関数電卓を使うことがない。
欧米ではどう計算するかを考えることに重きを置いてるので計算自体は機械にやらせればOkと考えてるので、関数電卓は理系では必須。
という話。
電子辞書は日本で一番売れてるそうで、
なんで日本では関数電卓はダメで電子辞書はOkなのか。
面白いもんである。
casio ZR4000

そういえば学生時代、カシオのfx-602p(だったと思う。502pだったかも。手元に残ってないのでわからん)を持ってたなあ。
それと、hpの逆ポーランド記法のヤツも持ってた気がするけど、持ってなかったかもしれない。逆ポーランド記法はコンピュータについて学んでる学生には非常にわかりやすくて多くの示唆が含まれていてよかった。
 
カシオといえばこれ。これ見るだけでも価値有り。
 casio ZR4000


単行本の「はじめに」を書いてメール。
猫連載を書いてメール。


0 件のコメント: