2017年3月30日木曜日

X-T2のファームアップきた

X-T2のファームアップ来た。



いきなりバージョン2.0で新機能24個。
まあすぐにでも役に立つのは

  1. 拡張感度にISO125、ISO160を追加
    低感度の拡張感度でISO125、ISO160を選択できるようになります。
  2. 感度AUTO設定の低速シャッター限界に「AUTO」を追加
    感度AUTO設定の低速シャッター限界を「AUTO」に設定すると、レンズの焦点距離に応じてカメラが自動で低速シャッターの限界を設定するようになります。
  3. AFモードの「シングルポイント」に最少サイズを追加
    AFモードの「シングルポイント」に最少サイズを追加。全6サイズから選択可能となり、最少サイズではピンポイントなフォーカシングが可能になります。
  4. VIEW MODEに「アイセンサー+LCD撮影画像表示」を追加
    VIEW MODEを「アイセンサー+LCD撮影画像表示」に設定することで、撮影はビューファインダー、撮影した画像の確認はLCDで行うという一眼レフのようなテンポでの撮影が可能になります。

の4つかな。
特に、「アイセンサー+LCD撮影画像表示」はうれしい。
ファインダーで撮ったあとモニタ見るとそこに撮影画像が出るのは便利。
さらに小さいAF枠もうれしい。

富士フイルムやオリンパスは、少なくともハイエンド機は
こういう機能追加のファームアップをかけてくれるのがいい。
まあ、ハイエンド機は製品サイクルが長いから
ハードは変わらないけどソフトは常に最新のものを
って方針はすごく正しいと思うのである。

延々と家で原稿書き。
家電批評別冊デジカメムックの原稿を何ページか書く。
ITMediaにiPhoneカメラ講座「桜の撮り方」を書いてメールする。
ascii.jpに猫連載を書いてメールする。



0 件のコメント: