2015年2月16日月曜日

自走で自転車を返却し、都心部の地形図を楽しむ

自走で電動アシスト自転車を編集部に返却するのである。
晴れてよかった。

滝坂道をベースに(全部は辿れないので新道があったらそっちを使いつつ)
まずは赤坂のITMediaへ立ち寄って機材を返却。
その後、東宮御所脇の紀国坂を経由して飯田橋のアスキーメディアワークスへ。

こうしてGPSログ地形図に重ねると、
滝坂道や国道246(青山通り)は古い道らしく、
尾根筋をベースに余計な谷を越えないよう、川沿いの低地が続かないよう
うまく作られてるのがわかる。
古道は自転車にも優しいのだ。
(電動アシストだとあまり関係ないけど)


地形図を見ると、東宮御所に一度いってみたいなあと思うよねえ。
細かな谷筋が含まれてて、御所なら地形も残されてそうだし、
古道が一部残っているという話も聞いたことあるし。

喰違門が古い門の形を残しているのでそこを古道が通っていたという説と
(この門を抜けた跡、麹町までにややこしい谷を越える必要があるのが気になるけど)
今の青山通り(矢倉沢往還・国道246)が途中でくの字型になってるのがあやしい説
と、
地形を考慮すれば
古い道筋はこの黄色い線のようになるか。はてさて真相はどこに。


このあと神楽坂あたりで作例を撮るが、
どうも足が疲れてて歩くのがしんどいので(電動アシスト車……というかママチャリは身体を起こして乗ることになるので足だけが疲れる。前傾姿勢になるスポーツ車とは疲れ方が違ってくる)、
さっさと帰宅。

0 件のコメント: