2014年8月24日日曜日

[花火]調布市花火大会とD600とdp2Qとシータ

今日は調布市の花火大会。
多摩川べりの花火大会レンチャンである。
うちから自転車でさくっと見に行ける花火はこの2つだけなので
連続して出動。

今回は花火の近くでのんびり見たかったので、
有料席を確保。場所は電通大グラウンド。芝生の上でのんびり撮影&鑑賞……の予定で、
バッグにD600+24-105mmと三脚をつけて
自転車で会場(正確には会場近くの臨時駐輪場)へ。
いやあ三脚+カメラ一式を背負って自転車で30分以上走ると疲れます。

今回はこんなこともして遊んでおります。
カメラの上にシータ。
カメラの上に小さな動画カメラをつけて、動画を撮りつつスチルってのもあり。
三脚を2本並べるよりは楽チン。
で、
まず12-24mmをつけて撮る……えっと、花火に鉄塔がかぶるなんて聞いてない!
D600 + 12-24mm
がーん。
スタッフによると、
昨年はかぶらなかったのだけど、今年は打ち上げ場所がちょっとずれてしまったんですと。
がーん。

もうひとつ、この花火大会の欠点は、開始時間が18時30分と早いこと。
昨日の世田谷の花火大会は19時スタートだったから日没後で良い感じだったのだが、
18時半はまだ空も明るいのだ。
終了は19時半。撮影メインでいく人にはちとつらい。

でもまあ花火大会としては、
世田谷区のほどモダンに走ってないけど、とてもよい感じ。
dp2Qで鉄塔写真

D600 + 24-105mm
まあ、花火に照らされた鉄塔のシルエットってのも乙なもんです。

音楽と花火のコラボレーションは、映画のまちってことで映画音楽がメインで
これは面白かった。
妖怪ウォッチにスターウォーズにラピュタと有名どころが並んだし。
観客から拍手が出るくらいよい企画でありました。

シータはといえば……新しくISO感度固定やシャッタースピード固定で撮れるようになったので花火シータもいけるか、と思ったのですが、




シャッタースピードが1/7.5秒までなのだ。それより遅くできないのだ。がーん。
せめて1秒までいければ最低感度のまま花火シータがきれいに撮れたのに。
あとちょっとですな。

調布市花火大会シータ - Spherical Image - RICOH THETA

調布市花火大会シータ - Spherical Image - RICOH THETA

終了後は人混みをさけて脱出し、
仙川まで自転車で走り、夕食。
ここまでくれば花火客混雑もないし、
最近の仙川駅前は何かと充実してるのでありがたい。


0 件のコメント: