2017年1月10日火曜日

iPhone10周年にふさわしいCanCam

iPhone10周年(1月9日だけど、米国時間なので日本では10日なのだ、ということで)。


日本未発売の初代iPhoneにCanCam2017年2月号付録の自撮りライトを組み合わせてみた。


初代iPhoneから10年。
女性ファッション誌からこんなアイテムが登場するまでになったのだ。
すごいよねえ。
ちなみにこのCanCam 2017年2月号は延々と
数10ページに渡ってカメラ特集。
それもスマホでかわいい写真を撮るにはテーマが貫かれていて
CanCamには勝てないことを知る。業界人みな白旗である。
スマホ用自撮りライトが付録ですから。


でもって、特集の内容が実によくできてるのだ。

さて、写真の初代iPhoneは、iPhone発売からしばらくしたのち、
帰国する外村さんに買ってきて貰ったもの。
当初はAppStoreもなく、機能的には日本のガラケーと大差なかったのだが、
でもそこに未来を感じた人たちが
こっそり大騒ぎしてたのである。

まず基本コンセプトだけをいれたシンプルな製品を出し、
そこから発展させていくのがアップルだというのをみな知っているから。

翌年、iPhone 3Gが登場し、
わたしも表参道に友人等と並んで購入したのである。

昔も今も、見慣れないモノを見ると攻撃にかかる、
変化を畏れる人たちは大勢いるのだよなと
当時を思い出して思う。
そうはならないようにしたい。自戒も込めて。


0 件のコメント: