2017年2月24日金曜日

cp+2017 感想 とトリセツチャンネル

朝9時にcp+ プレスルーム集合という苛酷なスケジュールで2日目。
トリセツアプリのオリジナル動画コンテンツに
YouTuberのギュイーン徳川さんの隣で参加して
主なブースに顔を出し、
主力製品の魅力を紹介するという役。

ビデオを回しながらマイクを持ってしゃべる関係上、
あれこれカメラメーカーのブースで広報関係の知人を見つけて
話を通して、ってこともする。
解説役よりアテンド役として役立ってたかもしれん。

なるほど。YouTubeにのっけるには
尺を短くしなきゃいけないのでそれを意識しなきゃいかんのですな。

さて、(家電の)トリセツがオリジナル動画コンテンツ配信用の
YouTubeチャンネルを作っていたので(わたしも登場してますw)
よろしければどうぞ。
トリセツ - YouTube

みなと分かれたのち
再度ひとりであれこれブースを回ってチェック。

さて今回のcp+。面白い現象がありまして。
初日、プレスルームや会場で出会うプレス系仲間との会話は
「今回、なんか面白い製品あった? 新製品出てた?」
が定番だったのである。
cp+直前に発表された製品はカシオのFR100Lやキヤノンやシグマのレンズくらいで
あとはCES発表ものがメイン。
毎年どこかしらに観られる「初お目見えの参考出品」ものもなく、
初お披露目の新製品って意味ではすごく少なかった。

パナソニックのGH5、富士フイルムのGFXが人気新製品の2大巨頭。
それに加えてキヤノンの3機種、ペンタックスのKP、カシオのFR100Lくらい?
オリンパスのE-M1 MarkIIもソニーのα6500も昨年末にもう発売されてるし。
ニコンはまあアレということで。

それが2日目になると感想がちょっと変わってくる。
メディア的には新製品があるとそれを柱にできるから記事を書きやすいし、
新製品の記事を落としたら大変なので
最初にそのチェックをするのだ。
そのあと、イベント全体を見渡してみると、
目を惹く新製品は少ないものの、cp+というイベントとしては悪くないのだ。
来場者も新製品だけを見に来るわけじゃない。

となると大事なのは、
ただカメラを宣伝するだけじゃなく
・自社のカメラの良さを知ってもらう体験コーナー
・ひっきりなしに開催されるカメラマンによるセミナー
の2つなのである。
ソニー、オリンパス、パナソニックはその辺がよくできてた。
体験コーナーやセミナー、新製品とそれらを総合すると、
目立っていたのは
ソニー、富士フイルム、パナソニック、オリンパスの4社。
これらすべて、ミラーレスが主力のメーカーだ。
今のデジタルカメラ界を象徴してるといって過言じゃない。
オリンパスのバスケ

ソニーのバスケ

そうそうもうひとつ印象的だったのは、
コンデジの影が(カシオを除く)薄くなってた……どころか思い切り希薄化されてたこと。
2016年はまだ各社とも高級コンデジをあれこれアピールしてた。
今年は高級コンデジアピールはなく、推してるのはレンズ交換式カメラだったのである。
時代の流れはおそろしい。

さすがに疲れたのでバタンと寝る。

0 件のコメント: