2018年2月21日水曜日

なっちゃん送別会の日にいろんな人と出会う

なっちゃんの愛称で知られるPFUのなっちゃんが会社を辞めて新しい世界に飛び込むというので、原宿で本人主催お別れ会。

本人主催なので本人が呼びたい人にだけ招待が行くというとても潔い会なるも
大勢集まってなんやかやと、Mac関連の知人やらPFU関連の知人やらいろいろと集まってきててしょうもない話で盛り上がる。

なっちゃん、おつかれさまでした。新天地でも面白い仕事ができますように。

漫画家の鈴木みそさんがいらしてて納富さんに紹介してもらってFB友達に。

当然初対面で、わたしの方が一方的に作品を読んでいる関係であるのだが、
鈴木みそさんはどうもわたしの名前を覚えているようで
(「限界集落(ギリギリ)温泉」は名作)
Macユーザーならどこかの雑誌で見たのかもなと思っていたら
もしかして、マンガ原作してませんかといわれてびっくり。
そっちかー。
もしかして、マンガパソコン通信入門ですか、
それですそれです、と、あれは面白くて
あれを参考にブルーバックスを書かせていただきましたといってくださる。
恐縮です。

あの本が面白いのはほとんど永野のりこさんが途中から
ぐわーっと話を展開させてすごくいいラブコメにしてくれたからで、
わたしがやったのは基本的なキャラ設定と
どこでどういう役立つ話や理屈の話を入れるかという流れと
前半の物語だけで、
それを上手に転がしてくれたのが永野さんだったのでした。

いやあそれにしてもその話で盛り上がるとはびっくり。

まあ、カップルがいて彼女の方がパソコン通信にハマってて
彼氏が悔しくて自分でもパソコンを買って追いかけるという
基本設定はよくできてたな、と自分でも思うわけで、
その彼氏の妄想っぷりが永野さんの得意な展開に合ってたということなのだろうなあ。

もう絶版ですが「マンガ図書館Z」で読めます。
あ、大西結花さんもいらしてて(会うのは2回目だけど)FB友達になったのだった。

なんかそんな夜でした。
あ、なっちゃんといえばOmoidoriとsnap lite。
Omoidoriは簡易古地図スキャナとしてメチャ活躍してます。
iPhone X対応でもう一回り大きなサイズでスキャンできるモデルでないかなあ。

0 件のコメント: