2014年2月28日金曜日

[仕事]終日篭もって仕事

ITMediaにニコンのD3300のレビューを書いてメール。

D3300で撮った作例の撮影時のセッティングを細かくチェックしないと掲載する作例を選びづらい。D3300はもう返却しちゃった。
ふふ。でもうちにはD600があるので、同じニコンなら撮影モードもカメラがどんな設定で撮ったかもわかるのだ(汎用のEXIF情報だと、オートか発行禁止オートかプログラムAEか区別つかなかったりするから)。NikonView NXで開けばいいのだけど、その存在を忘れてましたすみません。
で、D3300で使ったメディアをD600につっこむと、撮影画像がありませんといわれる。
とほほ。しょうがないので、D600で1枚撮ってフォルダを作り、
そのフォルダにD3300で撮った写真を放り込んでやる。
これでOk。まあ他の方法もあるだろうけど最初に思いついたのがこれだったので。
要するに、フォルダ名で、同じカメラで撮った写真以外は再生しないようチェックしているのですな。

さらに、明日の「東京古道散歩」講座の最後の下調べをちょいとしてから寝る。

0 件のコメント: