2014年2月10日月曜日

[デジカメ]SIGMA dp2 Quattroにそそられた日

16時、原稿が仕上がらずうんうんと唸ってたら、
シグマからdp2クアトロが発表された。

こいつはすげー。斬新すぎて言葉も出ないが、この正面からのアングルがとてもカッコいい。
とりあえず触ってみたいカメラだわー。

デザインのみならず、撮像素子も新型で、Foveonセンサーの1層目と2層目3層目で画素数が違うというアクロバティックな新構造。
1層目が2000万画素相当で輝度とブルー担当。3層目と3層目はその1/4である500万画素相当でGとR担当。
1層目の高画素を利用して高解像な絵を作る。
なんとも、RAW現像のアルゴリズムがややこしくなりそうなセンサーであるけれども、
実際に撮れる絵がよいのであれば、魅力的なり。
いやあ、面白そうだわ。

操作系も電子ダイヤルが2つになって使い勝手もあがりそうだし、
実のところ、ちょいと欲しい。
dp2クアトロか、dp3クアトロか。
今、DP1メリルを持ってるけど、最近ほとんど使ってないんだよなあ。
なんというか、28mm単焦点って苦手らしい。

まあ発売はまだ先なので、それまでに考える。
久々に大胆な、従来の形状にとらわれないカメラを見せてもらえそうで嬉しい限り。

詳しくはこちらを→dp Series | カメラ | SIGMA GLOBAL VISION

ボディの薄さとグリップのデザインがたまらん。
これを観てたら時間的にやばくなってきたので
慌てて書きかけの原稿を仕上げてメール。

0 件のコメント: