2014年11月20日木曜日

お仕事の日とα7IIの話

家電批評のお仕事で7台のコンデジを持って比較作例といわれたのだが
今日に限って天気が悪い。でも7台も抱えて撮影に行けるのは今日しかない。
しょうがないので
新宿御苑でちょいと作例撮り。

寒くて曇ってる上に紅葉もまだまだというちょいとアレな天候だったのが残念。


帰宅して原稿書き。
ascii.jpに猫連載を書いてメール。
今回は小諸城大手門猫。

さらに家電批評に原稿を書いてメール。

ソニーからα7IIが出ましたな。
初代機から大きなリニューアルで
Eマウント機にもとうとう5軸のボディ内手ブレ補正搭載。

いずれ、Eマウント機もボディ内手ブレ補正になるだろうと思ってたけど
(NEXだった頃、どっかの雑誌にそう書いた記憶がある)、
センサーサイズが小さいAPS-C機ではなく、
フルサイズのハイエンド機からやってくるとはおもわなんだですよ。
モデルチェンジが速い、って声もあるけれども、
大きな変化を狙ってるときは、時代の流れを速めたいわけで、
それはそれでアリだよなと。

ちょっと高く(あ、価格ではなくサイズの話)重くなったのは
手ブレ補正機構をいれたからだろうな。カットモデルでも見ないとわからんけど。
いちおう比較してみた。
あごがちょっと伸びてる。とんがり頭の形状は新型の方が好きだな。
写真はsonyの製品ページから引用
とりあえず
数年後に、手頃な単焦点レンズが続々と出てきたら
面白くなりそう。


0 件のコメント: