2014年11月9日日曜日

[Mac]5k iMacは実物を見てはいけません

LYTRO ILLUMを持って作例撮り。
外苑前で人物作例を撮り、
雨も上がったのでのんびりと
北青山アパート経由で、
直角に曲がった幹が見事……というかよく保ってるな。
アップルストア表参道。
そこで見てはいけないものを見てしまったので見なかったことにする。

5kに相応しい5DmkIIのフルサイズの写真を探して表示させてみた。これはよい!
5kのiMac。
いやあ、見た目は同じ27インチiMacが4台ありまして、
2台が従来解像度のiMac、2台が5kのRetina iMacなのですよ。
で、適当な写真を表示するだけで、一目で違うとわかります。
近眼で老眼なわたしがみても違いがわかるのです。これはたまらん。
明らかにRetinaの方がディテールがしっかりしてて
「目に優しい」。
ちょっとした違いなんだけど、
画面に表示されている諸々(テキストやら図やら写真やら)の解読に必要な脳の負荷が小さいと感じるわけで、
ああ、様々な業界関係者が「見ると欲しくなる」と口々にいうのですが
わたしもそれに一口のります。これは欲しい。

ともあれ、買い換えは早くて2年後だな。最悪4年後くらいだな。
その前に、MacBook AirのRetinaも出るだろうからそっちが先かもな。

いやはやなんとも。

夜は追加で依頼された某社の某仕事のレポートを書いてメールする感じで。

0 件のコメント: