2014年11月29日土曜日

はじめての人間ドックな土曜日

朝から新宿で人間ドック。
初体験。
いや健康診断すら最後にうけたのが会社員だった頃というていたらくなので、
イマドキのクリニックというものが初体験で
なかなか面白い。

どこがよいかわからないので
あれこれググってみて、立地と内容と価格で決めたのだが、
医師もドック受けに来てる人も女性が多くて、
内装も薄いピンクが多用されてて、多分に女性を意識したクリニックなのでしょう。

人間ドック半日コース+脳のMRI

朝到着するとジャージを来た人がソファで呼ばれるのを待ってる。
カウンターで受付すると着替えを渡され、
着替えて名札を付けたらあとは病院の人に呼ばれたら、
順番に検査する。

待ち時間はスマホで遊んでればいいやと思ってたが、
まあ当たり前だけどクリニック内は使用禁止だったので(そこまで頭が回ってなかった)
用意されてる雑誌を読む。雑誌をちゃんと読んだのなんて久しぶり。

各個室が心電図用、内科検診用、血を抜かれる用、聴力視力身長体重検査用等に分かれてて
名前を呼ばれたら部屋にはいって検査、を繰り返す。

初めての脳MRIは面白かった。
中でシータしたかったくらい。
狭い場所に閉じこめられて前衛音楽を聴かせられるというインスタレーションだと思って楽しませていただく。

人生初バリウム。巨大なメカにセットされてグイングイン動かされるという
サンダーバードな気分を味わわせていただく。

身長体重は久しぶりに量ったけど想定内なのでまあよしとする。
慎重は縮んでなかったし、体重はベスト体重より10kgほど増えてたけど最後に量った数年前とほぼ変わらず。

イマドキの病院はきれいでイタレリツクセリですな。

何より前日21時から何も食べてないので腹減った。

ひととおり終了すると、簡易所見。
まあ年齢が年齢だけに多少数値がアレなものはアレだったが
基本的に大きな問題なし。
詳細は後日郵送される。

MRIやレントゲン結果の画像が欲しいといって、
別途CD-ROMに焼いてもらう。有料ですが1,000円程度。




そして食事券をもらって終わり。
それでランチを食う。

あれこれ行きたいところもあったが雨も降ってたし
お腹にバリウムがつまってて重くてうげーって感じだったのでまっすぐ帰宅。

夕方、facebookを見て「和田堀給水所の最後の見学日だった」ことを思い出す。
がーん。しまった。なんとか間に合う時間に終わってたのに。
江川達也先生ほかいろんな人の報告を見ながらちょっとショック。

夜、原稿を1本書いて寝る。

0 件のコメント: