2016年4月30日土曜日

イリューダから石垣山一夜城の記

中村明日美子の「鉄道少女漫画」に「彼の住むイリューダ」という短編がある。入生田だとローカル線の駅そのものだが、音にするとイリューダと聞こえる。その響きが遠くの惑星のようで、という他愛ない話なのだが、一度行ってみたいと思っていたのである。

山城を歩く会で石垣山一夜城を訪ねようとなったとき、
イリューダも行きたいと主張したところ、
一夜城は入生田側から登って早川側へ下りるのがお勧めと
神奈川在住のI氏が言ってくれたことでトントン拍子、
晴れて決行となったわけである。

石垣山一夜城は早川駅から向かうのが一般的だが、
地勢的に見れば、当時はイリューダから上ったはずであり、
当時の石切場(石丁場)も発掘されている。
それが正当な道なのだ(たぶん)

小田原駅で弁当を買い、箱根登山鉄道で入生田へ。
地球博物館前で待ち合わせて
4人で石垣山登山である。

位置関係はこんな感じ。

1590年、豊臣秀吉軍が小田原城を攻めたとき、本陣を置いたのがこの石垣山一夜城。
短期間で石垣を擁した城を構築し、小田原城北条氏を威圧したので有名な場所であり
上野地図を見ると、確かに小田原城を攻めるにはよい場所なのだ。

細かく書くのが面倒なので当日の行程を写真で。
箱根登山電車 イリューダ。

石垣山へ登るの図
関白沢の石丁場跡鑿の跡。
やがて、
石垣山一夜城に到着。
半分崩れてる当時の石垣は野面積み。
旧城道

山の上。本丸のすぐ下にある二の丸跡。観光客も多くなくて素晴らしい。ここでべんと。

石垣山から早川港方面を望む。

ジャコウアゲハ。
山頂で弁当を食べ、みながくつろいでいるところ、
わたしはレビュー用作例撮り。

ヨロイヅカファームでちょっと休憩して早川方面へ下山。
イリューダから登り早川方面へ下るメリットは2つ。
ひとつは「眺望」。小田原方面を一望しながら下りられるので気持ちいいのだ。
ひとつは「街」。イリューダへ下りると小田原まで電車で出ないと珈琲も飲めないが、早川なら店もあるし、小田原まで歩けば食事場所も選べる。

眺望を楽しむ面々
漁港と言えばネコ!
早川で一息つくかと思いきや、
みなまだ歩けるといい、小田原へ向かうことに。
途中、小田原城総構の一部、土塁跡に立ち寄る。
早川口遺構。小田原北条氏の総構の一部
まだ部分的に残っているのだ。
小田原城幸田門跡猫
そして駅前で海鮮の丼を食って
小田原駅からロマンスカー。

GPSログをカシミール3Dへ。

よく歩いたよい休日でありました。



0 件のコメント: