2011年12月17日土曜日

リス!リス!リス!リス!リス!リス!

ブ写会で、町田のリス園と薬師池公園に撮影に行こうって話になってて、リス園はともかく、薬師池公園には行ってみたかったので、朝からでかけたのである。
メインカメラとして使う予定だったG3は入院中なので、レビュー用に手元にきてるGX1を持っての参戦。
D7000は重いし(最近、軟弱)、NEX-5は使いたいレンズがないので、ついマイクロフォーサーズになっちゃうのだ。

で、リス園だけど、小さくてなんてことない公園なんだが、リス放し飼いコーナーがおもしれー。
とにかくリスがわらわらと飛び交ってて、落ち着きがなくて、うじゃうじゃと人の身体に上ったりひっかりたりとびついてきたりするのだ。いやあ、小動物に襲われるってのも楽しいもんですわ。その傍若無人っぷりが最高におかしい。
ただ、冬に行くのがいいかもね。夏の薄着だとひっかかれて痛い思いしそう。。。
ずらっと6枚いきます。
リス
iPhone 4Sで撮影。いやああの素早いリスをよく撮れたもんだ。
台湾栗鼠たち
ひまわりの種は100円です。
台湾栗鼠たち
餌を買うと安全のためのミトンも貸してくれます。これがないと指噛まれたりします
台湾栗鼠たち
リスのつなわたり
台湾栗鼠たち
45mmF1.8で
台湾栗鼠たち
100-300mmで

とにかくリスはじっとしてないので、シャッタースピード優先で高速シャッターにして、あとはAFが間に合ってくれたらラッキーみたいな。。。。
でもまあ、リスの容赦ないところがおもろいですわ。
なんか、30〜40代の大の大人が6〜7人でリスの放し飼いを面白がってる姿というのもアレなんだけどね。

そのあとリス園から現鎌倉街道を挟んだ反対側の薬師池公園へ。
この薬師池、きれいな谷戸地形になってて、16世紀末にせき止められてできたのが池。
農業用水として使われてたのだな。
崖の上には8世紀と伝わる薬師堂(寺はなくなったが、薬師堂は残った)あり。
薬師堂の裏にある尾根道が古鎌倉街道として伝わってるのだ。本道はもうちょっと西に尾根道なんだが、まあ、こちらも尾根沿いを相模国と武蔵国国府(つまり府中)を結ぶ中世の道として使われていたのだろう。

昼飯はその尾根近くにある民家改造ナチュラルカフェ橙でランチ。なかなかよいところでした。アルバイトの女の子も面白かったし。

どんな地形かだいたいわかったので、今度ゆっくり古道散策に訪れてみようっと。

宴会には出ないで早めに帰宅して、MacPeopleの原稿を2ページ書いてメールして寝る。

0 件のコメント: