2011年12月6日火曜日

MacProでLionって思ったよりいいかも!

flick!にフォトストリームの話を書いてメール。ふーつかれたー。
図版を作るのに手間がかかったのやね。
普段使ってるマシンでサンプルを作らなきゃいけない上に
AirにMacProにiPhoneにiPadにWindows7に……それぞれでスクリーンショットを撮ってまとめてキャプション書かないといけないし。
で、たまってきたゲラをチェックしたりする。

話かわるけど、MacProにLionって思ったより使えるわ。
マジックマウスだとある程度ジェスチャが使えるので、左右のフリックでSafariのページを行き来したり
Apertureをセカンド画面に開いて2本指フリックで行き来したりできるし、
スクロール方向も……結局Lion標準のにしたけど、問題なく使えております。

隣にマジックトラックパッドも置いてるけど、マジックマウスがあれば事足りそうです。
いやあ、LionってMacBookにはいいけどMacProだと使いにくいだろうなと思ってすみません。
Mission Controlもデカイ画面だと使いやすいし。
フォトストリームも……iPhoneで撮った図版をMacに転送する手間がはぶけて便利だし……あ、iPhotoやApertureのフォトストリームの「自動アップロード」はオフにしとかないと、デジカメユーザーはきっと大変です。
LaunchPadはもうちょっと使い勝手を上げないとダメですな。使いやすいようアプリを並べ替えるだけで一苦労。iPadじゃないんだから、各画面を縮小してずらっと並べて配置し直せるようにしたり、アイコンサイズを可変にできたりすべきでしょう。

Lionにして動かなくなるアプリがあるのはまあわかってたのでよし。それを使うときはスノレパバックアップから起動するし。
VMWare Fusion 2.0が動かないのは忘れてた。32ビットモードで起動すればいいんだけど、したくないし。
まあ、必要になったら3.0にしよう。

あとは、iPhotoを新バージョンに入れ替える作業が待ってるのだった。←まだやってない

0 件のコメント: