2015年8月10日月曜日

RX100M4でとうとう四兄弟になりました

RX100M4のレビューを書く。

電子シャッターとハイスピード動画のための新製品って感じがたまらんわけで、
240fpsならフルHDクオリティでハイスピード動画撮れるわけで
そのために、M3に+数万円を出すかといわれるとアレなんだが、
もしハイスピード動画をガシガシ撮りたいなら
さらにお金を積んで
RX10M2の方がいいかもなあ。
動画を楽しむにはRX100M4ではちと望遠側が足りないから。

今回、スケジュール的にあれこれ試してる時間がなかったので
(帰宅して撮ったカットをチェックしてると、
 ああ、ああいうのも撮っておけばよかったと思ったりするんですよ。
 やっとコツをつかんだと思ったら、もう返却しなきゃいけなかったりするので)
またいつか試してみたいわー、あれ。

どちらかというとRX10M2でひたすら「猫ハイスピード動画」を撮りまくってみたいんだが、買う金はない。

個人的にはですよ、
RX100四兄弟の長兄ともいえる
初代RX100が発売からもう3年たってるわけで、
これの直系後継機が必要なんじゃないかと思うわけです。
実売が5万円程度のエントリー向け1型センサーコンデジ。
ポップアップEVFはコストがかかりそうだから無理としても、
シンプルで廉価なRX100、でないですかね。
RX100M2以降、新製品が出るたびに機能アップ&価格アップで
とうとう10万円越えちゃったもの。
名前はRX100Aくらいの感じで。
そういうのがあると、
5〜6万円の予算で、きれいに撮れるコンパクトカメラが欲しいという人に薦めるカメラとしていいんだよな。
RX100系って、コンパクトで親しみやすいデザインなので
薦めやすいんですよ。

どうでしょか、ソニーさま。

追記:
そうそう、ソニーのカメラって動画をAVCHD(さらにはXAVC S)で記録するから
Macだと扱いづらい……(MP4だとフルHDにならない)
と敬遠してたんだけど、
PlayMemories Homeで取り込めば
自動的にMP4にしてくれるのね。しかも簡単な編集もしてくれるので。
これはありがたいわ。

PlayMemories Home Download

0 件のコメント: