2018年6月28日木曜日

【W杯】日本かろうじて生き残る

昨日撮った子猫をネタに
ascii.jpに猫連載を書いてメール。

さて日本戦さて日本戦。

事前に先発6人入れ替え、なんてニュースが流れてて
そのメンバーを見て「いやこれはないだろう」と思ってたら
ホントにその通りで、どうやらリーク情報だったみたいで
なにやってんだ日本のメディア、
そういえばセネガル戦の前も、スタメンをどうするか記者会見で尋ねられて
西野監督が「日本のメディアから聞かれるとは思いませんでした」
(つまり、秘密に決まってるだろ、しゃべったら相手に対策されるじゃないか、といってるわけえすな)
と苦笑するくだりがあり、いやはや。

で、メンバーを見る限り、勝てたら勝ちたいけど
最悪引き分けでもいいや、的な消極的な構成で、特に右サイドがそうで
だとしたらボランチもそうすべきだったと思うのだが
長谷部は休ませたいし、ってな感じか。

ここで負けたら決勝トーナメント進出があやしくなるわけで
ちとびっくり。

案の定勝てそうな気配はないのだが点を取られそうな気配もなく
レバンドフスキがいかにすごくても、レバンドフスキをサポートしたり
そこにいいボールを出せる選手がいなければ
レバンドフスキとボールの出どころをしっかりマークしてればよいわけで、
今回、絶対的エースに頼るとこはそこがつらいのだよなあ。
マスコミ的にはエースがいた方が見映えするので煽るけど。

で、点を取られて、これはフォーメーションを変えて同点狙いに行くかなと思ったら
なんとコロンビアが先制して、
監督は「コロンビアが守り切る」方に掛けたらしい。すごいギャンブル。
「このままの点差でいけば確実に決勝トーナメントに上がれる、後ろでボールを回せば相手も無理に取りに来ない」って状況でやるのは良く見るけど
他会場の結果によってはこのまま維持してもダメかもっていう状況で
ここまで徹底的にやるのははじめて見たわ。
ある意味すごい。
セネガルは同点になれば決勝トーナメントにいけるので総攻撃かけるだろうし、
何かの間違いでPKってのも今回はよくあるわけで、
リスクが高いギャンブルだったわけだが、
たぶん、セネガルvsコロンビア戦をチェックしてた担当者から
コロンビアは守り切れそうって報告でもあったんだろな。
で、コロンビアのなんだかんだいって守り切る力にかけた、と。

テレビで見てる方は心臓によくなかったですよ。いやもう。

ともあれなんとか終了。
ワールドカップのグループリーグ最終戦らしいといえばらしい最後。
中途半端なことやるより
「ここで自分たちのサッカーがどうのこうのは完全に捨てて
 決勝トーナメントを見据えた試合をするぞ」と
はっきり宣言したという意味ではすごいと思う次第。

しかも昨日、決勝トーナメントを見据えた戦いをして
敗れ去ってドイツを見ていながら。

というわけで、西野監督の2つのギャンブル
ひとつめの「決勝トーナメントを見据えてメンバーを変えて最悪でも引き分けに持っていく」は
失敗だったけど(そこまでの柔軟さはなかったか)
ふたつめの「コロンビアは守り切るので0-1の負けでもOk」というもっとリスクが高そうな方は成功した、と。

いやはや、アトランタ五輪では2勝1敗で3チーム並んで日本が落ちたんだよなあ
今回は1勝1敗1分だったけど、僅差中の僅差で生き延びた。
面白い。

でも、グランパスでの監督時代を見ている身からすると
ワールドカップ後も西野監督が得策とは思えない気はいたします。
ワールドカップ後も日本人監督で、というのなら
もっと若い人にゆだねるべきかと。


0 件のコメント: