2018年6月9日土曜日

多摩武蔵野スリバチ学会FWにちょっと顔を出す。

晴れてる。
手元に作例が必要なスマホが数台ある。

ちょうど今日は多摩武蔵野スリバチ学会のフィールドワークで
深大寺辺りを歩いてるらしい。

てなわけで、
疲れてたけど自転車で出動。
深大寺で作例などを撮り、
多摩武蔵野スリバチ学会と午後から合流して一緒に
青渭神社とか勝淵神社とか柴田勝重の墓がある寺などを回りつつ
国分寺崖線の崖っぷりを楽しむ。

収穫は
三鷹市と調布市の境界に残る、鎌倉街道跡かな。


柴田勝重は柴田勝家の孫で、徳川家康に仕え、仙川あたりを領したのだ。
勝淵神社は、柴田勝重に当てられた、柴田勝家の兜が埋められていると伝わっている。
そんな戦国時代から江戸時代初期の歴史が埋まってるのだ。


0 件のコメント: