2014年10月15日水曜日

[Mac]RetinaのiMacは欲しい

しばらく篭もってお仕事。

午後来客あり。A社のK氏。
長い間、お疲れ様でした。
久しぶりに真面目にコーヒーを淹れる。

夜、ascii.jpに猫連載を書いてメール。
〆切なので、e-mansionの連載にとりかかるべく、
Parallels Desktop 9上のWindows 8.1を起動する。
にしても、
MacOS Xの上でWindowsが普通に動く時代なんだもんなあ。
数年前までは重たくてつらかったもんだけど。

深夜、アップルが新製品発表ってんで、ライブ中継を見る。

で、とうとう出ました。
Retina iMac。

今年の3月に27インチ iMacを買うとき
いつiMacのディスプレイが4kになってもおかしくないという状況での買い換えは
ちょっとタイミング的にアレな気がするけれども、
それはもう4kになったときにでも考えます。
と書いたわけだが
混沌の屋形風呂: [買い物]増税前駆け込み需要でiMacを

実はもうちょっと早く出ると思ってたのだ。
Retina iMac。
とうとう出ちゃいました。まあしょうがない。わかってたんだし。

だがしかし、
まさか5kだとは。
5kにするってことは、現行iMacの解像度を縦横それぞれ2倍にすればいいだけなので
何かと都合がいい。
文字サイズはそのままで解像感の高い表示ができる。
そういう意味で、5kってのはたしかにアリだな、と。

えっとですね、5kって1000万画素以上ですよ。
生半可なデジカメじゃあ……と思いますが、
画面サイズそのままで解像度を上げてるから、
ローガン卿的にはよっぽど目を凝らさないとわかりません。
ただ、解像度が上がると、ディテールを凝視しなくても、
全体としてクオリティがあがるのですよ。
ふと見ると、文字がすごく滑らかで読みやすいとか
写真が すごくきれいに見えるとか
脳がディテールを補完しなくてもいいとか。

解像度が上がるってのはそういうことで、
4k動画を等倍で鑑賞できるかどうかって、大きな問題ではないのです。

でもまあ
旧解像度のiMacを買ったばかりなので、
RetinaのiMacに買い換えるのは3年後くらいかな。
Retina iMacを衝動買いできるような大きなお仕事こないかな。
ううう(泣)




0 件のコメント: