2014年10月27日月曜日

iPhone 6 Plusはよいですよ

ITMediaにiPhoneカメラ講座の連載を書いてメール。
今回は、写真アプリの編集機能を使おうって話。

iPhone 6 Plusを買ってしばらくたちますが、
たまに5sを観ると小さくて笑えます。
で、どっちを使うかというと、iPhone 6 Plusの画面に慣れたらもう戻れません。
6+対応アプリも増えてきたし。
電池の持ちもいいし。

iPhoneに限らず、
同じ系統の製品が長く続くと、
頭の中に「これこれはこういうものだ」っていうフレームができて
凝り固まっちゃうのですよねえ。
iPhoneが登場したとき、人々の頭の中に「携帯電話はこういうもの」というフレームがすでにできてたから、iPhoneは一見、異端者で受け入れられないように見えたけど、
いったんそのフレームが崩れはじめると、普及はあっという間でありました。
iPhoneも「iPhoneはこういうもの」というフレームができちゃった。
iPhone 6 Plusはそのフレームから外れてた。
だから最初は非難する人が多かったけど、
従来のiPhoneってフレームから脱却すれば、よい製品ですよ、これ。
まあ細かいこといえばキリがないけど、
もうちょっとiPhoneが大きくなるとはどういうことか、というメッセージは欲しかったし、未完成な部分もあるけど、そこは慌てなくてもいい。そのうち出てくると思う。

にしても、ジョブズが亡くなったって、みんな便利に使いすぎ。
「ジョブズならこんな製品許さなかった」って……えっと
ジョブズが手がけた製品がみな完成度が高くて成功したと思ってるのだろうか?
「ジョブズは7インチのタブレットが嫌いだった」って……えっと
ステージで「こんなのはダメだ」といった舌の先も乾かぬうちに(いや乾いてからかもしれないけど)、しれっとそういう製品を出すって前もあったじゃないか。
わたしはあの発言を聞いたとたん、「あ、アップルは7インチのiPadも出す気だな」って思ったもの(笑)。
まあそういうことです。

0 件のコメント: