2013年7月28日日曜日

日本vs韓国戦

いやあ、アジアのチームを相手にあれだけ押し込まれる日本って久しぶりにみたわ。
あれだけ前線にプレッシャーかけて攻められたら
大変だわな。
特に日本ってカウンターに弱いじゃん。
守るときのみならず攻めるときも。

パスをつないでボールをポゼッションしながら攻めるのが身上なので
カウンター一発で決めるのもまた苦手で、
コンフェデ杯でもいい感じにカウンターになるかと思いきや、
最後にスピードダウンして攻めきれないとか何度見たことか。

だがしかし、今回はボランチに青山がいたのであった。
広島ってボールポゼッションでパスワークで攻め込みつつ、
相手が前掛かりに来てたら青山がポンと裏に出して佐藤寿人がさっと抜け出るという攻めのパターンも持ってるわけで、
攻められてるときこそそういうパスを狙う青山と、
裏を狙ってカウンターでひとりでシュートまで持ち込める柿谷。
このふたりがいて助かったねと。
1点目はもうまさにそれだし。

日本の目指すサッカーじゃあないんだろうけど、
オプションとしてカウンター一発飛び道具って持っておくべきだと思うのだよな。
それはそれで見てて楽しいもの。

にしても、柿谷って楽しそうにゴールを決めるとこがいいわ。

今回のメンバーはそれはそれでもうちょっと熟成したとこを見てみたい。

飛び道具といえば永井だけど、ベルギーで元気にやってるだろーか。

0 件のコメント: