2015年5月19日火曜日

ソフトバンク新製品発表会の日

久々にソフトバンクの新製品発表会。

でも、壇上に上がるのは孫さんではなく、
宮内社長。

孫さん的な大きなリアクションも派手なしゃべりもないけど、
よく聞いてると、けっこうぶっちゃけてるというか、
無駄がなくて、曖昧さも感じず、
なかなか面白い。

孫さんが米国式の(といっていいと思う)、
聴衆に語りかけるようなわかりやすい退屈しない話術を使い、
しかも自分で自社の端末を紹介して操作してみせ、
プレゼンの資料も自分で操作するという
(それまでは社長自身が実際の端末をちゃんと触っておらず、
 用意された原稿を読むだけで、プレゼン資料の操作も壇上から部下に指示する
 という形態が多かった)
製品発表会を見せ、
古い日本の企業然とした発表会を行ってきた他社(まあ、ドコモとau)は
社長が代わると同時に、
孫さんを意識したかのような
オーバーアクションで
よくしゃべる派手な発表会にシフトしてきた。

そしたら
ソフトバンクモバイルはいち早く
「もうそういう時代は終わったんだよ」と
宮内社長にバトンタッチし、
落ち着いたプレゼンに切り替えてきた。

面白い。

そして「時代が変わった」ことと「ソフトバンクは何を目指すのか」を
前面に押し出してきたのだ。
このご時世、
テクノロジーの進化がすべてを変える、なんていわんよ。
いやあ、面白い。

細かい内容はまあいろんな記事を見ていただくとして。

その後、近所でちょっと作例を撮ってから帰宅。



0 件のコメント: