2015年5月6日水曜日

FieldAccess2は街歩き人必携アプリとなりました。

もうゴールデンウィークとやらも終わるわけで
(先週まで、5月6日が振替休日だったと知らなかったのは内緒です)、
自宅作業の日。
夜、ちょいと武蔵小杉まで晩ご飯を食べに行った以外は。
広島から等々力までサッカーを見に来た妻のともだちと3人で食べたのだけど、
面白い店だったわー。
府中街道から少し奥にはいって二ヶ領用水を渡ったところにある
中華料理屋。もう創作中華料理かというくらい面白い店でありました。
粥菜坊。
鶏肉のカシューナッツ炒めなのにカシューナッツより林檎の方がたくさんはいってるというくらい。

それはともかくとして、
FieldAccess2の話。

これ、地図ビューワー兼GPSロガーアプリで、
数値地図に対応してて、デフォルトでオンラインに公開されてる
国土地理院地図やら航空写真やら迅速図やら川だけ地形地図やらを表示できる
楽しいアプリなのだが、


気に入ってるのは
GPSログを地図上に重ねて表示してくれること。これを見ると今まで歩いた道が一望できる。それが楽しい。
(ログやマーキングをまとめて非表示にする機能や、iCloudドライブを介してiPhoneとiPadで同期する機能が欲しいのだけど、要望を出そうと思いつつしてないや)
で、街歩き時はこれをロガーとして使ってるのだが、
常時オンにしておくと、建物内に長くいたとき、ログが暴れるのである。
GPSが見えない場所だと、Wi-Fiや携帯の基地局に頼って位置情報を取得するので
大きく乱れちゃうのである。

で、だな。
FieldAccess2でログデータを編集できるようになったのだ。
暴れたとこだけあとで「カット」できるのである。
これがすこぶる便利。
ログを選んで「カット編集」を選ぶ。
 でもって、中心の十字線にカットしたいポイントを合わせ、「操作」をタップ。
一点だけ削除とかポイントした点以降を削除もできれば、範囲指定して
「内部を削除」にすると暴れてるとこだけざくっと切り取ってくれる。
これをマメに繰り返すと、暴れないきれいなログにできるのだ。
ありがたや。

で、作業が終わったら、わたしの場合、dropboxに書き出してる。
そうするとMac側で自由に扱える。
GPXファイルとして書き出せば、Apertureに読み込んで写真にジオタグを付けられるし、
KMLファイルとして書き出せば、GoogleEarthに軌跡を描ける。
(昨日のログもそうやってつくった)

安いアプリではないけど、必携です。
FieldAccess2 | 地形図Viewer for iPhone&iPad
AppStore:FieldAccess2

0 件のコメント: