2015年12月2日水曜日

Jリーグチャンピオンシップ決勝戦1stレグ-サンフレッチェ広島 vs ガンバ大阪-

これは見ないわけにはいきますまい。
というわけで、
夜はJリーグ。
いやあ、前半の息詰まる展開はたまらん。
サンフレッチェはいつも通りのサッカーだけど
ガンバ大阪がいじってきた。
サンフレッチェの攻撃をおさえるべく、
策を思い切り練ってきたのだ。すげー。
サンフレッチェの攻撃の基本って、
a. 両サイドを広く使ったサイド攻撃
b. 青山からのミドルパス
c. 上記2つの展開に持って行くためのMFやDF陣のボール回し。3バックだけど、そのときは森崎がDFにはいって4人になる
で、ガンバ大阪が
a.を常にマークしてサイドの突破をさせない
b.常に青山をチェックする
c.FWにはいった長沢がひたすらフォアチェックしてc.を自由にさせない
を延々と繰り返したのである。
すごいわ。

互いに守備が固いので、なかなか崩せず、
先にミスした方が失点するな
という展開の中、
やらかしたのは広島だった。
長沢がそれをかっさらって先制。

で、ゲームが動き出した。
ガンバ大阪はこんなサッカーをやってたら当然先に疲れるのである。
疲れたときに上手くて意表を突いた攻撃をしかけられる柏と
速くて強くて若い浅野がはいってくるのだ。
しかも長沢はああいうことしてると疲れが先に来るので
代わりにパトリックがはいる。
ガンバがひとり退場になる。
そうなると、当初のプラン通りに広島を抑えることができなくなる。
オープンな展開になる。

そしてアディショナルタイム、
フリーになってた青山からのパスで同点。
慌てたガンバのミスから怒濤のシュート攻めで逆転。
すごいわー。
最後の最後の集中力で広島の勝ち。
面白いものを見せていただきました。

サッカーを見てただけじゃありません。
仕事もしました。
某社の某仕事第2弾を書いてメール。

0 件のコメント: