2016年5月27日金曜日

30年振りの仲間と新橋で呑む金曜日

家で仕事。
ITMediaにOLYMPUSのTG-Trackerのレビューを書いてメール。
うーむ。
トラッカーってことは「行動の追跡」がメインなわけで、
であればあのGPSログ機能は残念。

夜は新橋で飲み。

学生時代、恵比寿にあるシステム科学研究所というところで2年ほどバイトしてたのである。かなり常駐のバイト。
パソコン関連の様々な(時には実験的な)業務を行う部署で、
パソコンの入門書を書いたり(学生バイト数人で分担して書き、部長さんがチェックしてまとめてた)、パソコン関連のイベントの企画運営を行ったり(我々はイベント用のプログラムを書き、現場でのオペレーションを行った)してたのである。
思い出せるところでは、新宿住友ビルでのイベントとか、NECパソコンフェアとか、晴海でのデータショー(だっけ?)とか、つくば博のNECブースの片隅で行ったイベントとか、NECが出した新型ワープロPWP-100の講師をしたりとか(だからM式キーボードはタッチタイピングできた)、パソコンと落語家のかけあいをしたり神戸へそのための出張ででかけたり。
実はこれらが最初に書いた本。昭和60年頃。
今思い出すと、いろいろなことをやらせてもらったなあと感慨深いものがあります。

PC-6601SRは音声合成機能を持っててBASICで簡単なプログラムを組んで喋らせることができたのだけど、じゃあパソコンと落語家の掛け合いはどうだ、という企画を出した人がいて、わたしがその担当になり、あがってきた脚本を元にそれっぽく聞こえるようにプログラムを書き、現場で落語家に合わせてパソコンを操作したりしたのは80年代のこと。

その後わたしは徐々にOh!MZに寄稿するようになり、
そちらが面白くなってバイトは辞めたんだが、
その頃世話になった部長さんと、当時一緒にバイトした仲間合計5人で集まって
久しぶりに乾杯となったのである。
そのうちふたりには何度か会ってるんだが、あとのふたりはたぶん30年ぶり。
楽しい新橋の夜でありました。

にしても30年ぶりかあ。


0 件のコメント: