2016年5月5日木曜日

東海道新幹線自由席で座って帰るために

盆正月GWでも新幹線は自由席である。
繁忙期は指定席とるほうがめんどくさい。あっという間に埋まるから。

東京から名古屋へ向かうときは始発駅なので
時刻表を見て
15分くらい先の自由席の列に並んでれば余裕で座れる。
(この辺は混雑次第だが、まあ待てば座れる)

問題は名古屋から東京へ戻るとき。
これはもうTips。

・2号車の1号車寄りの扉の前に並ぶ

である。

のぞみの自由席は1〜3号車だが、
1号車は先頭車両なので座席数がちょっと少ない
3号車は指定席のすぐ隣で駅の昇降口が近いので人が多く集まりやすい
2号車でも中央寄りの扉は駅の昇降口に近いため、降りる客が集中する→乗るまで時間がかかる。
と考えると、2号車の1号車寄り(東京行きなら後ろ寄り)が一番早く乗り込める上に、入線時に混み具合や空席をあらかじめチェックできるので有利。

という単純な理屈だ。

よく見てると乗り込む前に座れるかどうかわかるわけで、
空席ができなさそうだったら、1本待てばいい。
何本待ってもダメなときは……諦めるか「こだま」か「ひかり」で。

ということが人口に膾炙しませんように(笑)。

0 件のコメント: