2016年7月11日月曜日

iQOSの話

昨日千葉シティで入った喫茶店「呂久呂」。
豪快なカレートースト(しかも旨い!)や自家焙煎珈琲で有名な店であるのだが、
入ろうとしたら「店内全席禁煙(iQOS等一部電子タバコ可)」と書いてあるではないか。

どうも今年6月から、全面禁煙(ただしiQOS除く)となったらしい。

入ってみたらなるほどテーブルに、iQOS ONLYと書かれたプレートが。
実は今年にはいってiQOSに切り替えてたのである。
これは素晴らしい。iQOSを出したらお店の人がめざとく見つけてくれた。

今、どこへ行ってもiQOSは売り切れ(タバコの方はある。タバコを入れて吸う機械の方)で、テレビでiQOS芸人が宣伝しただかなんだかよくわからないのだが
品薄なんだそうで、
流行る前に買っておいてよかったですわ。

これ、何かというと、れっきとしたタバコである。
吸うとちゃんとタバコである。

タバコが嫌われるのは、火を付けて燃やすからである。
火を付けると、吸ってようが吸ってまいが
・煙が出る
・煙がクサい
・火がついているので危険
・灰が落ちると汚れる
などなどがついてまわるわけで、
実際に我々が吸う煙は燃えている葉っぱのその一部にすぎず、
そこが無駄であり、他人の迷惑になる。

で、iQOSはこのホルダーの中にある電極というか過熱板を専用のタバコの中にツッコミ、
必要最低限だけ加熱するのだ。
だから上の写真の状態では煙がまったく出てないし匂いもあまりしない。
口をつけて吸うと、吸った分だけ煙が口の中に入ってくる。
外に出る煙は口の中から出てくる分だけで、
一般的な紙巻きタバコに比べると
・煙や匂いがすごく少ない
・火を使わないのであまり熱くない
・灰がまったく出ない
のである。吸い終わったら、タバコ部分をはずして捨てる。
といっても、加熱はするので熱くはなってるけど、
燃えたりやけどしたりということはないのである。

匂いも
紙巻きタバコを吸ってるときは妻に文句をいわれてたが
iQOSに変えてからはまったくいわなくなったことからして
そう強くはないんだろう。

喫煙者としても、灰が落ちて汚れるのと火事のリスクはいやだなと思っていたので
これはありがたいのだ。
少なくとも、煙が出ない、灰が落ちない、火事にならないという3点を実現しただけでもずいぶん違う。

ただ仕組みはちょいとめんどくさい。
電気を使う上に、ホルダーは1本分の電力しか持たないので
毎回充電が必要なのだ。
こんな感じ。
このセットを持ち歩く必要がある
で、このホルダーをしまうケース(iQOS専用モバイルバッテリー)は
出かける前に充電しとかなきゃいけない。
まあこれは、USB充電できる上にmicroUSB端子なので
うちに転がってるmicroUSBケーブルを適当につっこんどけばOk。
現在充電中

吸うときはホルダーを取りだし、
専用のタバコを突っ込むのである。

マルボロしかないのが残念だけど、開発したのはフィリップモーリスなんで
まあしょうがない。普及すれば種類も増えてくれるでしょう。

写真を見るとわかるように、すごく短い。
でも、「無駄に灰になって落ちる分がない。そもそも普通の紙巻きタバコも根本ギリギリまで吸うわけじゃない」ことを考えると、ほどよいサイズかと思う。

紙巻きタバコに比べると面倒くさいといえばくさいんだが、
灰が落ちたり火事ややけどのリスクを考えたら
十分許容範囲ではありますな。
何より、タバコっぽい液体とか薬品とかそういうんじゃなくて、
ちゃんと「タバコの葉っぱを加熱して吸える」のが良い点なのだ。

さてどのくらい市民権を得ますか。

1 件のコメント:

Blogger さんのコメント...

VaporFi is the #1 electronic cigarettes supplier.