2016年7月31日日曜日

THETAフォトの日

リコーが行うTHETA写真展に出品する作品と悪戦苦闘する。
候補はいくつか決めてあったので
それを引っ張り出してぐりぐり動かして
THETA+アプリで切り出して
snapseedでレタッチ。
それをいくつも作って、出品するものを選ぶのである。

なかなか面白い写真になったのでお楽しみに。

ボツカットから1枚。

THETA+というのはTHETAで撮った画像から好きなアングル、方式で1枚の写真を生成してくれるアプリだが、
今度のバージョンアップで高解像な絵を切り出せるようになったのだ。
おかげでクオリティも上げられるのである。
全天球データから1枚の写真を作り出すのはなかなか新しい体験である。
全天球だからこそ切り出せる空間がたまらんのだ。

最近、360度撮れるという触れ込みのカメラがいくつか出ているけれども、
つなぎ目のクオリティやボディのデザイン、軽快さを考えると
まだまだTHETA Sを超えるものはないのである。

0 件のコメント: