2018年3月5日月曜日

α7 IIIとEOS Kiss Mでしたなあ。

そういえば、昨日cp+2018のワールドプレミアアワードが発表されてた。
レンズ一体型カメラはノミネート自体なし(ワールドプレミアなので、ここで初お目見えの製品ってこと。まあ、会場に出てた今年の新製品って範囲を広げても、パナのTX2くらいしかなかったわけだが)。

ソニーのα7 III
シグマの105mm F1.4
キヤノンのSPEEDLITE 470EX-AI(ヘッドが自動的に動くヤツ)
という極めて妥当な来場者みなが納得する結果に。

にしても、α7 IIIが席巻しましたな。
すでにα7 RIIIが発売されてる中で、あとから出た無印モデルなのにインパクトがあった
ってのが、今、cp+に来場するような人たちの目がどこを見ているかが如実にわかる。

そういう時代を見越してこのタイミングでKiss Mをぶっこんでくるキヤノンさすが。
M5を出して以来、着々と準備していたのだなと思うわけで、
M5もM100もKiss MもM5がベースって考えていいから。
さすがだわ。

上のα7 III、下のEOS Kiss Mで本格的にミラーレス一眼の時代がキタって
思わせたもの。

各写真用品系ブースにもα7がいっぱいおかれてたし。
みんな機を見るに敏。

富士フイルム、オリンパス、パナソニックとミラーレス一眼のエントリー機を出してた各社も、この価格でEVF搭載機を持ってこられたらうかうかしてられませんですよ。

問題はわたしがα7 IIIを買うかどうか、ですな。
そろそろフルサイズセンサー機を復活させたいけど、
α7 IIまではまったくそそられなかったのだ。
AF周りの操作系がダメで。でもIIIならまあいいかも、と。
えっと、
ボディのみで、残価設定クレジットだと月々6,400円か。。。

レンズは別途買うとして、24-105mm F4が欲しいなあ。
うーむ。金はない。

とか思いつつ、
都恋堂のお仕事であれこれ調べつつ2ページ書いてメールして寝る。



0 件のコメント: