2020年3月24日火曜日

3月24日の史跡散歩後編-なんと旧簡易保険局が壊されてた!

三田八幡宮古跡の裏から抜け出し、東へ向かうと神明坂である。
天祖神社(元神明宮)がある坂。
この天祖神社、芝神明宮の旧地だと言っているが
信憑性はあまり高くないようで芝神明宮の旧地はここではなく
飯倉か増上寺の裏手辺りじゃないかというそうだが
よくわからない。

神明坂へ出ると、旧逓信省簡易保険局(昭和4年築)が壊されてる!
えっと思って駆け寄ると、まさに破壊されている最中であり、
ここは残ると思っていただけにびっくり。
昨年、麻布台にある旧逓信省貯金局庁舎が再開発で壊された直後なだけに
どちらか片方でも残せなかったかと思う。

この旧逓信省簡易保険局がある一帯は
三田台の北の端、すごく狭い舌状台地に旧逓信省簡易保険局、綱町三井倶楽部、オーストラリア大使館、イタリア大使館、慶應大学が密集した希有な一帯で、
斜面には御田八幡旧地、元神明宮、春日神社、寺院が集まっている。
慶應大学の南にある台地の一番狭いところが切り通されていることで
島状になっているのも地形的には面白い。

旧逓信省簡易保険局あたりは北は神明坂、南は綱坂、西は日向坂、東は綱の手引坂とどちらも下っているホントに狭い山のてっぺんなのだ。


その旧逓信省簡易保険局(にして旧社会保険庁にして旧かんぽ生命 東京サービスセンター)
を2014年に撮影した雄姿がこちら。


それが今日訪れてみたら、絶賛破壊中だったのだ。




ああ。
ここには三井不動産のマンションが建つらしい。
向かい側にある綱町三井倶楽部も三井なんだから、もう両方併せて三井近代建築パーク、的に保存してくれればいいのに!

ここにマンションが建っちゃうと、オフィスビルでも住宅でもなく
旧逓信省簡易保険局・綱町三井倶楽部・オーストラリア大使館・イタリア大使館と密集したこの地域の特異性が失われてしまうわけで、大きな損失であるなと思うのである。
もったいなさすぎる。

2017年には日本建築学会が保存を要望していたが、実らなかったようである。
残念すぎるーと思いながら帰途についたのであった。
観に行くなら今週中ですよ!

夜、東京オリンピックの延期が公表された。
欧米の状況をみるにつけどう考えても実施は無理な状況だったので
公式に延期となることで様々なオリンピック盛り上げ行事もやらなくてよくなったわけだが、中止ではなく延期にしたことでいろいろ大変だろなとは思う。
新たなスケジュール調整や会場確保が山ほど発生しそうだし。


0 件のコメント: