2020年3月9日月曜日

高輪ゲートウェイ駅取材の日

高輪ゲートウェイ駅メディア向け内覧会の日。
なんかここ2ヶ月ほど鉄道づいてるなあ。鉄道ライターに転身したわけじゃないのだけど、
ついこの間、「びゅうたび」に秋田ローカル線の旅記事が出たばっかだし。
今回は
日経ビジネス(オンライン版)の記事のための取材。
明朝体の駅表示に違和感を感じたけど、
そこについては取材しなかった、申し訳ない。

とりあえず、記事では使わないカットを。
山手線が通過する駅というレアな表示を。ここは他の駅と同じゴシック系。
こちらは話題になった明朝体


まあ
普通に考えたら、駅名に明朝体は使わない。
普通に考えたら、山手線の駅に「ゲートウェイ」なんて名前も付けない(私鉄や地下鉄ならともかく)。
で、そういう山手線の「普通」からはずれた駅なのである。
車両基地の跡地にできたJR東日本による実証実験の駅ならではの近未来ハイテクキッチュさの駅というか。
だから駅名も明朝体も、それはそれでありなんじゃないかという気になる。


無人AIコンビニは体験しに来たい(こちらはちょっと遅れての開業だけど)。

夜、メディア向け内覧会を受けて書かれた記事で、「高輪ゲートウェイ駅」の明朝体がネタになってた。デザイナーしてる妻に「気になったけど、JR東の人に取材するの忘れた」と言ったら、「なぜそこをつっこまないの」と叱られた。。。。
ゴシック体じゃない駅って他にもあったから、わざわざ聞くことでもないかな、と思って……まさかそこまでネタになるとは思わなかったのです。

帰宅して、夜、今日の取材や撮影した写真をベースに記事を書き直して
送ってバタン。

0 件のコメント: