2020年7月9日木曜日

0709:EOS R5の日

flick!の連載を仕上げる
ITMediaにEOS R5/6の話を書く
キヤノンのオンライン発表会を視聴する

modul.jpにEOS R5/6ネタの鼎談がアップされる。





それにしても、EOS R/RPはなんだったんだろう的な
これこそがEOSのミラーレス版でしょう、
というカメラなのだった。もうそれだけ。
これでEOS R/RPへの移行を躊躇してた
EOS 6Dや5Dユーザーは動くだろうなと思う。
ちょいと時期が悪いのでどのくらいいけるかはわからんけど。

旧EOSユーザー以外の、つまりEFマウントレンズを持ってない人が
とびつくかというと、そうなるにはソニーのαが強くなりすぎたので
(いやほんと、α7系を使ってる人多いもの。若手のカメラマンはたいていそうなんじゃない?)
どうかなあ、
とりあえずこのボディ内手ブレ補正は魅力なので……どのくらい強力かは使ってみないとわからんけど。
さらに、猫瞳・顔・全身とAFが効くのでこれもめちゃ気になる。
使ってみたい。

ボディ内手ブレ補正とインテリジェントなAF機構って
ミラーレス機のキモなのだ。一眼レフではどっちも難しいからね。
(ペンタックスはボディ内手ブレ補正してるけど、ニコンやキヤノンが今から搭載するのは現実的じゃないし)

趣味のカメラとしてなら、24-105mm F4と35mm F1.8と85mm F2(どっちもハーフマクロなのが楽しい)100-500mmがあれば十分イケると思うのだが。


0 件のコメント: