2012年5月15日火曜日

auの新製品発表会に行った日

日経ビジネスに「ミクシィ、身売りを検討」な記事が出ててあれこれ思う朝。
→「ミクシィ、身売りを検討
もちろんmixi自身はその記事を否定してるけど、
開設当初からやってるけど(ちなみにidは「522」だから522番目の会員なのだ)
今はすっかりたまーにアクセスするだけの無料会員になりさがってるもの。
日記は更新できないし←プレミアム会員から無料会員にしたため、日記の容量が限界を超えててもう追加できない
たまにmixiでメッセージがくることあるからチェックするだけという感じ。

様子が変わってきたのは、ケータイでアクセスする層が一般的になったころかな。
急激に人が増え、実名でやってた人の多くがハンドル名オンリーに切り替えたり日記の公開範囲を狭めたりしてたんだけど、mixi的には会員数急増がおいしかったはず。
で、mixiのようなサービスは、荒削りだけど新しい機能をどんどん投入してかなきゃいけないのに、その代わりに、テレビ番組と連携したり有名人を呼んだり、そんな方に向かっちゃった。

決定的だったのがiPhone対応の悪さだな。
iPhoneへの対応をまともにやらなかったのがでかかった。
その頃はiPhoneユーザーも少なくて、メインはガラケーユーザーだったんだけど、だからといって後回しにすると、いわゆるアーリーアダプター層が離れちゃう。メジャーになってから対応したんじゃ遅すぎるのに。

なんてことを思いつつ、
朝からauの発表会に。

剛力彩芽がくるから芸能系カメラマンがいっぱい最前列に陣取ってる。
端末は特にみるものないけど、その分サービス系を充実させた発表で、
映画も音楽も月額数百円で、なおかつ(将来的には)マルチデバイスにしてテレビでも見られるようにするといって、「one more thing」でセットトップボックス(AppleTVみたいなもんですな)も登場。
まあひとつひとつのサービスに目新しさはないけど
日本ではこういうサービスをキャリアがやらないといけないという現状があり、
コンテンツの充実度次第では面白いことになりそう。
マルチデバイスというからにはiOSにも対応しろよーと思ったりもしております。
で、窓枠の中で寸劇。
ちょっと前までは必ず出てた「電子書籍」って言葉がいっさいなかったなあ、そういえば。

端末類でよかったのはHTC J。
フィット感も悪くないし、必要な機能は過不足なくはいってるし。
WiMAXでテザリングできるし。どれか買えといわれたらこれを選ぶです。
日本の端末は相変わらず
・電源ボタンが小さすぎ←スリープや復帰で頻繁に押すのだからもっとさっと見つけられる位置にないと。
・端子カバーが邪魔←毎日のように充電するのにいちいちカバーあけるのめんどくさいじゃん
っていつだったか日記に書いたけど、相変わらずでありました。

帰りは渋谷からバスで経堂へ。


0 件のコメント: