2013年12月30日月曜日

[Adobe]Photoshop CCはCamera Rawフィルターがよい

年末なので大掃除したり雑誌をまとめて捨てたりとそんな何でも無い日なので
Photoshopの話でも。

PhotoshopはずっとCS5.5を使ってて、まあCCになるぞってんで、
CCのサブスクリプションに申し込み、
秋になって写真業界向けプログラムと称して
PhotoshopとLightroomだけなら月々1,000円でOkと聞いて、
なんだそりゃー、やるなら最初からやれーとブツブツいいつつ
月々3,000円(初年度のみ)を月々1,000円に切り替えたわけだが
(手続き時期の関係で12月だけ重複してるけど、CCは12月いっぱいで解約となった)
じゃあPhotoshopがCCになって何がうれしいかというと、
それはもう「スマートフィルター」と「Camera RAWフィルター」に尽きる、と
思うわけで、
写真を調整するときは、Photoshop用語のPhotoshopな機能より
デジタル写真用語を使えるCamera Raw機能の方がずっとわかりやすいから
写真を開いたら、必要に応じて露出やらWBやらをハイライト&シャドウのバランスやらを調整したいのだが、以前のPhotoshopでは写真を開くときにしかできなかったのだ。
CCはいつでもCameraRawフィルターを呼び出せる。
RAWと書いてあるけど、RAWデータの方が調整の幅が広くてクオリティを保持できるってだけで、JPEG画像にこのフィルターをかけても問題ない。
よって写真を開いて、CameraRAWフィルターでレタッチしてから
あれこれPhotoshopな作業をすればいいのだ。
さらに、写真レイヤーをスマートフィルターにしてやると
作業中にいつでもCameraRAWフィルターをかけ直せる。
こんな感じ。
元写真
スマートフィルターに変換する
Camera Rawフィルターをかける
元写真(JPEGです)を調整する
あとは思う存分PhotoshopなことをすればOK
Photoshopの新機能ってわざわざバージョンアップするほどのものじゃないな、
的なのが続いててわたしも途中で止めていっかと思ってたけど、
これはありがたいのであった。
というか、もっと早く実現しててしかるべき機能だったと思うですよ。

まあ、2013年12月31日が〆切だけど……。
ずるずると伸びる可能性もなきにしもあらずってことで。

CCからこれにダウングレードしたことでPremiereProが使えなくなるのは残念だけど、
まあ、本格的な編集はしないのでPremiereElementsを買えば済みそうだし、
イラレは普段は使わないし、いざというときもCS5.5を持ってるからそれでなんとかなるでしょう。

0 件のコメント: