2015年3月4日水曜日

ちょっとひとやすみ

今日、予定にはいってた打ち合わせが延期になったり
朝まで仕事してたりで
ちょっと気が抜ける。

そういうときはとりあえず気分転換ってことでマンガでも。

戦国時代もののマンガがいろいろなアプローチで出てておもしろがって読んでるのだけど、
「へうげもの」を除けば、
戦国時代の価値観や時世をきちんと取り入れて描いているのに
恋愛にだけ現代の価値観を持ち込むのは違和感があってむずむずしてそこだけはどうもならん。まあ現代人がタイムスリップしちゃった話はしょうがないんだけど、むずむずするわな。

歴史ものが面白いのって設定よりも
作者がその歴史や当時の人物をどう「解釈」して物語に仕上げるかということで
その解釈がないと、単に歴史的できごとをなぞっただけになっちゃって面白くない。
マンガはフィクションなんだけれども、
作者は史実をすごく資料を読み込んでるのが読んでてわかるわけで、
その細かな史実を踏まえた上で、独自の解釈を加えて物語に仕上げてるのはさすがだなあと感心しつつ面白がっております。
特に中世ネタは個人的に面白くてあれこれ調べてるだけに、
漫画家ってすごいなと思う次第。


0 件のコメント: