2015年3月10日火曜日

金のMacBookとApple Watch

眠かったので仮眠して起きて
ずっとアップルの発表を見ながらTwitter。

いやあ、MacBookがでましたな。
Airじゃなくて「無印MacBook」にこれを持ってきたか、と。

・新型MacBook欲しい

この隙間なく埋めたバッテリーがたまらん。


いずれAirはこっちに吸収されていくのだろうなあ。
CPUはCore Mってことで非力だけど、
わたしは原稿書きとプレゼン用に使えればOkな感じなので
いいかも。900gちょっとなのも魅力。

にしても、相変わらずいさぎよく削りますな。
ミニマムにもほどがある。

久しぶりに欲しいと思えたMacなのだった。
うん、欲しい。
パワーや広い画面が必要な作業はiMac使うから
セカンドマシンはミニマムでいいし。

プレゼンするくらいなら今でもACアダプタ不要なわけで、
USB-C→HDMI変換アダプタがあればよし。

惜しむらくは「円安」。ちと高い。
うーむ。欲しいけど金がない。
Apple - MacBook

・Apple Watchは買う

Apple Watchは買う。
とくに欲しいかといわれると微妙だけど、買う。
買ってみないとわからないことがたくさんあるのだ。特にAppleの初物には。

デモ映像やカタログだけ見てなんかいえといわれると
まあいろいろとツッコミドコロはたくさんあるんだけど、
「見たことがないものを見たときの人間の想像力」なんてしれてるし、
少なくとも、見たことがないものをみたとき
それを否定的に見るような人にはなりたくないなと思っております。

iPodが出たときも酷評されたよねえ。
初代iPhoneのときもいわずもがなだよねえ。

あのときのiPodは、すでにあまたのMP3プレイヤーが出てたし、
HDDを積んだプレイヤーも既出だった(使い勝手はヒドかったけど)。
だからそれらを知る人には新鮮味がなかったのだけど、
いざ使ってみると、他のどのMP3プレイヤーとも次元が違うデキだったのだ。

新しいジャンルの機器って(スマートウォッチなんか典型的だ)、
新しい故に、操作系も試行錯誤の最中で、
使うことにけっこうストレスを感じる。
Appleはいつもそのあたりをある程度解決させてから出してくる。
今回もそうであるかどうかはわからないけど、
もしかしたら、いざ使ってみたら「あ、これ思ったよりいいじゃん」となるかもしれない。

だからまあ、絶賛する人にも酷評する人にも組みせず、
予断なしでフラットな気持ちでしばらく使ってみて判断したいなと
思っております。
あわてて絶賛したりぶった切るのは似合わない。

まあそんな内容のコメントを書いてascii.jpに送った。








0 件のコメント: