2016年6月3日金曜日

PFUのOmoidoriで古地図をスキャンしてみた

今日は外出しない日なので
Omoidoriでも試してみるかと引っ張り出したが、
古いアルバムは何度の腐海の底に沈んでいるので発掘が困難。

あ、ハンディサイズの古地図をスキャンするのにいいんじゃね?
で、やってみた。

1908年にドイツで発行された世界地図帳。

ちなみに第一次大戦前なので、
オスマン・トルコ帝国が小アジアやバルカン半島の根っこにいるし、
オーストリア抵抗はデカいし、英国はアイルランドを併合しているし、
フィンランドはロシアの一部だし(いや、フィンランドだけじゃないけど)で
欧州の様子も今とずいぶん違う。
ちなみに、ホンモノです。

身近なところでは、昭和26年のコンサイス東京23区地図帖から
杉並区(の東側)、世田谷区(の西側)、多摩郡(の東側)。
2Lモードにして2回スキャンすればいいんだけどめんどくさかったので。。。
(上の欧州地図は2Lモードで撮ってる)。


世田谷区ったらこの頃はまだ飛び地がいっぱいあったんだなあ。

で、だな、Omoidoriのすごいとこは、操作がめちゃ簡単なこと。
iPhoneをセットしてぱかっと開いてアプリ起動して
のっけて撮影するだけ。

これ、アルバム用にとどめるのはちともったいない。
デカくなってもいいから、
iPhone Plus系に対応し、A5サイズまで撮れる
Omoidori Pro出したら、ハンディスキャナとしてけっこううける気がする。
昔あった、NECのプチスキャンみたいな使い方ができるもの。

わたしが欲しいだけなんだけど。。。

ともあれ、この製品、面白いわ。古い写真をスキャンするだけに使うのはもったいない。

0 件のコメント: