2014年1月4日土曜日

[帰省]新幹線は自由席で座って帰るのだ

えっと、ここ数年、いつも自由席なのですよ。
行きも帰りもギリギリまで予定を決めなくていいので楽チンで。

名古屋へ帰省するときは、東京-新大阪間の新幹線は本数がめちゃ多いので、
東京駅で10分も並んでれば自由席で座れる。
名古屋から戻るときは……名古屋始発はないので年始は席をとるのが大変だけど、まあこだま号なら時間はかかるけど余裕で座れるのでそれにのって寝てればよし。

以前は律儀に早めに指定券を取ってたのだが、
・帰省する日、大雪が降って各電車のダイヤが乱れて遅れまくり、予定してた新幹線に間に合わなかった
・帰省する直前、妻が風邪を引いて動けなくなりもよりのJR駅までいって便の変更を余儀なくされた
などが続き、ええい、指定席なんてとる方が面倒じゃないかという結論に達したのだ。

ただ、福山へ帰省するときはちょっと厄介。
福山に止まる「のぞみ」は1時間に1本しかないのであるからして、
自由席で座るにはかなり早めに並んでおかなきゃいけないのだ。
帰りはもっと厄介で、博多からやってきたのぞみの自由席がすいてることはまずない……でも福山駅で早めに並んでおけば、まあ最悪、岡山か姫路で座れるし、
比較的すいてる「さくら」で新大阪へ行き、そこで新大阪始発の「のぞみ」に乗り換えればよい。

よって今回も指定席なんてまったく考えてなかったのだ。

そんなところにあの有楽町の火災である。
1月3日朝、有楽町線路脇のパチンコ屋で出火。
【現地画像】JR山手線 有楽町駅の付近で火事 駅前は煙に包まれる 1月3日【火災】 - NAVER まとめ
【画像集】有楽町駅火災の影響で東海道・山陽新幹線が停止→新大阪駅が死亡 壊滅状態 - NAVER まとめ
まあなんとか午後には動き出したようだが、
何しろラッシュのピークであるからして、
「大勢の人が、予定を1日後ろにずらす」のは目に見えていて
(わたしの知るだけでも数人いた)
さてどうしてくれようと。
朝10時前に福山駅についたはいいものの、

・自由席の特急券しかない。
・東京まで立って帰るのは絶対にイヤ。

結論はひとつ。
・新大阪まで山陽新幹線「さくら」で行く。
・新大阪から新大阪始発の「のぞみ」か「ひかり」の自由席で座って帰る。
・「ひかり」はのぞみより自由席が多いので座りやすい。

である。

ホームに出ると「こだま」が止まってる。
「カンセンジャーってなんだよ。新幹線から「新」を取ったら、ただの「幹線」……つまり、在来線じゃないか。山陽新幹線じゃなくて山陽本線じゃないか。それでいいのか500系!」などとツッコミながら新幹線を待つ。これは「こだま」な上に「岡山どまり」だから乗らない。

続いて東京行の「のぞみ」がくるも、自由席の惨状を見てスルー。
狙いは次の「さくら」だが、残念ながら自由席に空きなし。
しょうがないので通路に立つが、
まあ妻は姫路で、わたしは新神戸でなんとか座り、新大阪着。

新大阪へついた途端、新大阪発の時刻表とにらめっこ。
直近の「のぞみ」2本は長蛇の列で座れそうにないので、
その25分後にでる「ひかり」を狙って並ぶ。
並んでる間に昼飯と飲み物を買ってくる。
あとは、適当に座って帰るのであった。

あんな民族大移動な状態でも自由席でほぼ座って帰れるのでありました。
にしても、疲れたーーー。ばたり。



0 件のコメント: