2020年5月2日土曜日

0502:10年以上前のWebカメラでオンライン宴会してみた。

こりゃいかんということで
自転車を封印し、
近所を記事用の写真などを撮りつつ散歩。
少しずつリハビリだ。

で、ログを見ながら普段は歩かない道を選んで散歩する。
暗渠に出会う。


密蔵院で織部型灯籠に出会う。


織部型灯籠は別名「キリシタン灯籠」で十字架をかたどったもの……ということになってるけど、実はキリシタン灯籠説が出てきたのは大正時代のことで、そもそもキリシタンとは関係ないという話(国史大辞典より)。

さらに歩いてまた暗渠。


日本カメラの原稿を書いてメール。

夜はオンライン飲み会。
今回はズームではなく、FacebookMessengerのグループチャットを使うとな。

わたしは、部屋の片付けで発掘された、10年以上前のWebカメラをつないでみることに。
ロジクールの当時の上位モデルでなぜかカールツアイスレンズ。
つないだらつながった(笑)。
いや、なんかドライバ必要かなと思ってたのだけど、
WebカメラがちゃんとUVC(USB Video Class)に対応しており、
macOSもUVCカメラに対応してるので
つないだらそのまま使えちゃったのだ。


画質もまあ、リアルで200万画素あるのでオンライン会議くらいなら十分使える。
標準規格って偉大ですな。








0 件のコメント: