2012年1月24日火曜日

ゆきがふった次の日

案の定、路面はつるつるで凸凹の氷状で、雪も中途半端にしか残ってない。
都会の雪景色……っていうにはよわいよなああ。
暇だったら電車で多摩方面へ出動して雪景色写真を撮りたかったのだが
残念ながら都会方面への用件あり。

この路面では自転車はこわいので、徒歩で駅へ。ちと遠いけどしょうがない。
午後から都内某社の某の某へ出動。

あれこれとあれこれする。
帰りはひとつ前の駅からバスを使ってみた。
思ったより混んでる。よいことである。

夜は家電批評の原稿を書いてメールする。4ページ分。

正月だったかな、NHKの討論番組を見てて、腑に落ちた発言がいくつかあったのだが、そのひとつを今思い出した。
消費税を社会保障に使うべきじゃない、ということ。
社会保障は「所得の再配分」なのだから、これは所得税でやるべきだろう、と。
なんか納得。
社会保障に当てるための増税ってのは耳あたりはいいんだけど、
耳あたりの良さだけで語られるのはもう飽きた。

0 件のコメント: