2012年2月22日水曜日

iTunes in the Cloud が最初に救うのはPCが苦手なほんとに普通の人たち

FaceBookで友人のコメント欄を読んでて「あ、そうか」と思い至ったのでメモ。

世の中の多くの人は、iPhoneやPCやMacでよくトラブルを起こしてて、
買った曲をミスで消しちゃうなら可愛いもんだが、
バックアップとってないのは当たり前で、
パソコンを買い換えたときライブラリの移行をしなかった(あるいはやりかたがわからなかった)、
あるときパソコンが壊れてライブラリが消えた、
パソコンがおかしくなってリカバリーで再フォーマットしちゃった、
という目にみんなあってるのだ。

で、そういう人はiTunesStoreで買った曲を再ダウンロードできなくて、また買うのももったいなくて
諦めたりしたのである。


FaceBook見てたら、再ダウンロードできる曲が200曲あった、って人がいて、
どうやらパソコンを買い換えたときに消しちゃったらしい。

iTunes in the Cloud はそういう人を最初に救う。
iTunes Storeで以前買った曲は、iCloudから再ダウンロードできるのである。
買い直す必要も、自分が買った曲はどれだっけと探す必要も無い。
リストから「全部再ダウンロード」をクリックするだけなのだ。

そこまではいかなくても、何らかの拍子で消した/消えちゃった曲がある人にまで範囲を広げれば該当者は90%以上なんじゃなかろーか。
しつこくバックアップとっててマシン移行時はデータも一緒にちゃんと運んでるわたしでも
1曲だけ再ダウンロードできた曲があったわけだし。

iOS5でパソコンレスになり、曲はiTunesStoreで買うのが中心、となってると、
iPhoneを壊したとかなくしたけどiCloudにバックアップしてなかったとか
そういう人も頻出してるはず。

なるほどなあ、と思った次第。

iTunes in the Cloudについてはこちらの記事をどうぞ
AV Watch 米Apple担当者に聞く「日本での音楽ビジネス強化」

0 件のコメント: