2012年4月22日日曜日

NEX-5NとOM-DとG3と

引き続き、家電批評の仕事。
ゲラチェックしたり、足りないところを追加したり、なんやかやとやりとりしつつ、
スタジオグラフィックスの三脚連載の第1回目のゲラチェックしたりして
一段落ついたっぽいので、
止まってた、ITMediaのOM-D連載のネタ作りにとりかかる。

で、G3とOM-DとNEX-5Nで感度別比較をしてみたんだけど、
面白い結果だわああ。詳しくは原稿に書くのでここにはアレだけど、
OM-Dは高感度を重視した絵作りをしてるってのがわかる。
と、OM-Dのデフォルトの絵作りってちょっとシャープネスが強い。
ちょっと弱めに設定しておくことにしよう。

でまあ、うちにはこのようにパナとオリとソニの3つのミラーレス機が転がってるわけだが、
一番手に馴染んで完成度は高いけどそつが無くて面白みに欠けるのがG3。
逆に完成度は低くて手に馴染みづらいんだけどいじってて面白いのがOM-D。
手に馴染んで面白いんだけど気持ちいいとことイラッとくるとこの差が激しいのがNEX-5N。
そんな感じ。三者三様。
どれも違ったテイストをお持ちなゆえ、面白く使っております。

ところで夕飯を食って帰宅したらかふかがこんなことになってた(笑)
OM-D。ISO20000。
玄関が開く音がすると、それが飼い主だろうがなんだろうがとりあえず机の下に隠れるというビビリなかふかなんだが、これはいくらなんでも頭隠して尻かくさなすぎ。半分はみ出てるやんか。普段は飼い主が帰宅したのだとわかると、けろっとして出てくるんだけど、今日は出てきそびれたようで、思わず撮っちゃいました。
机の下の暗いとこなのでいきなりISO20000。ISOオートにしとくと容赦なく感度を上げてくるOM-Dっておもろい。
でもISOオートの上限はISO12800にしとこう。

0 件のコメント: