2012年4月9日月曜日

やべ、バッテリーがはいってないよ……orz

上野の人混み花見をチラ見しつつ、
国立博物館で「ボストン美術館 日本美術の至宝」展を観に行く。
米ボストン美術館が所蔵する日本美術を集めた特別展。
明治時代初期に大量の作品が海外に買われたのだが、そのボストン美術館版だ。

湯島駅から不忍池沿いに散策しつつ上野に向かう予定でいたのだが、
不忍池についてOM-Dをバッグから取り出すと……電源がはいらない。
やべっ、と思って蓋をあけたら、バッテリーがはいってなかったー。
ああ、アホです。
作例用にNEX-7も持ってたのでそれオンリーにしてもよかったのだが、
せっかくレンズも何本か持ってきたOM-Dが使えないのでは哀しい。
マイクロフォーサーズってセンサーが小さいから必然的にレンズをコンパクトにできるのだよね。
だから余分なレンズを気軽に持って行ける。これは素晴らしい。
45mmF1.8なんかめちゃ軽くて写りもいいし。逆に14-150mmは軽くしすぎてクオリティがアレだけど。

だがしかし、上野には駅前にヨドバシカメラがあるのであった。
ちょうど予備バッテリーをどうしようか悩んでたところだったから丁度いいやと買いに行く。

ヨドバシの店員さんが親切で、バッテリーを忘れたのでというと
在庫のバッテリーをOM-Dに装着して残量をチェックさせてくれた。素晴らしい。
店頭で売ってるバッテリーって、一応メーカー出荷時にある程度充電されてるんだが
(製品チェック用に充電したのが残ってる)
どのくらい残ってるかはかなりのギャンブルで、
メーカーによってはほとんど残量のない状態なこともあるのだ。
OM-Dにいれてみたら、バッテリーのゲージがフルを指したので
(もちろんフルではないんだが、3段階表示の3つめが点灯するレベルではあった)
そのまま購入。
よかったよかった。
上野の山
桜のトンネルは立錐の余地無し。
上野の山
桜と人混みドラマチック
大量の人混みを堪能しつつ、国立博物館へ向かう。
が、昼飯をくいそびれたー。国立博物館って食事できるとこがめちゃ少ないのね。
あんだけ広いんだから、カフェテラスくらい用意してくれればいいのに。
ともあれ、平成館で「ボストン美術館 日本美術の至宝」展。
平安時代の仏像画から狩野派、江戸〜明治の絵画まで大量に展示。
iPhone4S
古い絵画を守るためか照明が暗くて目が悪い人にはキツいんだけど
遣唐使の絵巻物や平治物語絵巻は最高に面白い。
でも一番、ぐわああとせまってきたのは、長谷川等伯の龍虎図。
あの絵はすごいわ。

あんなすごい絵が米国に流出してたのは残念だが、だからこそこの保存状態で残ってたともいえるわけで、
そこはなんとも。

ただ、3日連続で桜を見ると疲れるわー。
やっぱ人混みは人混みというだけで疲れるし。
というわけで、疲れた。ばたん。

0 件のコメント: