2012年4月6日金曜日

お濠沿いに桜を撮りつつの日

ハイエンドミラーレス4台+参考カメラとしてD7000。それぞれレンズ2〜3本。
……さすがに重いっす。
家電批評の仕事。
モデルはイエローキャブネクストの奈沙さん。
お会いするのは、というか、撮るのは3度目。

彼女は最近(ネガティブな意味で)話題のNOTTVのバラエティ番組にレギュラー出演することが決まったそうで、それに合わせてNOTTV対応スマホを買ったという。
おお。それはぜひ触らせて、ってことで、初NOTTV体験をしてみたのだ。
……確かに絵はきれい。ワンセグとは比べものにならないレベル。
ニュース専門チャンネルはいいかもな。
NOTTVはもうネガティブな話題しかなく、確かにモバHOの香りがぷんぷん漂うんだけれども、まあ、立ち上がりがアレなのはある意味しょうがないことで、問題は将来性の有無なわけですよ。
で、将来性はあるのか、というと……えっと、あれこれ考えてみたけど、かなり変革しないと無理な気がしてきた……orz
せっかくのVHF帯なのに。

仕事の話に戻る。
てなわけで天候もよく、撮影はさくさくと進み、新丸ビルでお昼ご飯して解散。
その後、皇居東御苑を大手門から北桔橋門に抜けてそのまま半蔵門へ桜を撮りながら歩こうと思ったら、なんと皇居東御苑はお休み(月・金の週休二日だったー)で、
しょうがなく、内堀通り沿いにぐるっと周り、毎日新聞社前から竹橋をわたることに。
まあそれはそれでいっか。
竹橋から千鳥ヶ淵にかけてはもう桜だらけ。
しかもソメイヨシノのみならず、シダレザクラやヒカンザクラやヤマザクラ、その他、ソメイヨシノじゃないのはわかるんだが、だったら何といわれると答えられないような桜がいろいろ。
あとで桜の図鑑で調べてみる。
桜の季節にここを通ったのは何年ぶりだろう。
でもここに載せるのはOM-Dのアートフィルタもの。OM-Dのアートフィルタブラケットは最高に楽しいわ。
枝垂れ桜 by リーニュクレール
リーニュクレール
2色の桜 by ファンタジックフォーカス
ファンタジックフォーカス
千鳥ヶ淵 by ドラマチックトーン
ドラマチックトーン
いやあ、今回、EVF付ミラーレス3台を同時に触ったけど、うちにあるG3も合わせると4台なわけだが、それぞれ違うねえ。NEX-7はパンしても動きが滑らかで追従性がいいし、OM-Dは明るくてきれいで見やすい。

OM-DとNEX-7って幅があんまりかわらないのに、NEX-7の方がグリップしたときや操作系にゆとりがある。OM-Dは窮屈な感じ。
何がちがうんだろとよくみると、OM-Dは疑似ペンタ部がある分、軍艦部に余裕がないのはわかるが、それより気になったのは液晶モニタ。OM-Dの方が液晶モニタ(+枠)部分の幅が広いのだ。液晶パネルのサイズ自体はあまり違わないので、フレーム部分の差だろう。その数mmの違いでOM-Dの方がボタン配置が窮屈なのだ。
なるほどなあ。
PEN3はOM-Dと比べると大きくずんぐりに感じる。そんなに差があるわけじゃないんだが、ずんぐりにみえる。
面白いもんである。
じゃあOM-Dが使いにくいかというと、意外にそうでもないのが面白いところ。
なんというか、けっこう気に入っております。OM-D。
しばらくはこれをメインカメラにしてみよう。

0 件のコメント: